スタンダード分析化学

個数:

スタンダード分析化学

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年06月17日 12時11分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 288p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784785335151
  • NDC分類 433
  • Cコード C3043

内容説明

基礎分析化学と機器分析法をバランスよく配した教科書。下記のような三部構成となっており、1部と2部で分析化学の基礎を簡潔かつわかりやすく解き、3部では現代における主要な機器分析法を幅広く解説している。大学学部で学ぶ分析化学を一通り身につけることができるだけでなく、最新機器分析の動向にも充分配慮されており、大学院生の副読本としても利用できる。

目次

1 分析化学の基礎(分析化学序論;単位と濃度;分析値の取扱いとその信頼性)
2 化学平衡と化学分析(水溶液の化学平衡;酸塩基平衡;酸塩基滴定;錯生成平衡とキレート滴定;酸化還元平衡と酸化還元滴定;沈殿平衡とその応用;分離と濃縮)
3 機器分析法(機器分析概論;光と物質の相互作用;原子スペクトル分析法;分子スペクトル分析法;X線分析法と電子分光法;磁気共鳴分光法;質量分析法;電気化学分析法;クロマトグラフィーと電気泳動法)

著者等紹介

角田欣一[ツノダキンイチ]
1954年福島県に生まれる。東京大学大学院理学系研究科化学専攻課程博士課程修了。Harvard大学医学部博士研究員(Boston、米国)、東京大学理学部助手、通産省工業技術院化学技術研究所研究員、群馬大学工学部助教授などを歴任。1998年同教授、2014年群馬大学大学院理工学府教授。専門分野は分析化学。理学博士

梅村知也[ウメムラトモナリ]
1970年愛知県に生まれる。名古屋大学大学院工学研究科物質制御工学専攻博士課程後期課程修了。群馬大学工学部応用化学科助手、名古屋大学大学院工学研究科化学・生物工学専攻助教授、名古屋大学エコトピア科学研究所ナノマテリアル科学研究部門准教授などを歴任。2013年東京薬科大学生命科学部分子生命科学科教授。専門分野は分析化学、生命・環境科学。博士(工学)

堀田弘樹[ホッタヒロキ]
1974年兵庫県に生まれる。神戸大学大学院自然科学研究科化学専攻博士前期課程修了。鐘淵化学工業株式会社(現株式会社カネカ)を経て神戸大学大学院自然科学研究科分子集合科学専攻博士後期課程修了。群馬大学工学部応用化学科助手、奈良教育大学教育学部准教授を歴任。2016年神戸大学大学院海事科学研究科准教授。専門分野は電気分析化学。博士(理学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

基礎分析化学と機器分析法をバランスよく配した教科書。最新機器分析の動向にも充分配慮し、大学院生の副読本としても利用できる。 基礎分析化学と機器分析法をバランスよく配した教科書。「I 分析化学の基礎」「II 化学平衡と化学分析」「III 機器分析法」の三部構成となっており、I部とII部で分析化学の基礎を簡潔かつわかりやすく解き、III部では現代における主要な機器分析法を幅広く解説している。
 学部で学ぶ分析化学を一通り身につけることができるだけでなく、最新機器分析の動向にも充分配慮されており、大学院生の副読本としても利用できる一冊。

I 分析化学の基礎
 1.分析化学序論
 2.単位と濃度
 3.分析値の取扱いとその信頼性
II 化学平衡と化学分析
 4.水溶液の化学平衡
 5.酸塩基平衡
 6.酸塩基滴定
 7.錯生成平衡とキレート滴定
 8.酸化還元平衡と酸化還元滴定
 9.沈澱平衡とその応用
 10.分離と濃縮
III 機器分析法
 11.機器分析概論
 12.光と物質の相互作用
 13.原子スペクトル分析法
 14.分子スペクトル分析法
 15.X線分析法と電子分光
 16.磁気共鳴分光法
 17.質量分析法
 18.電気化学分析法
 19.クロマトグラフィーと電気泳動法

角田欣一[ツノダキンイチ]
著・文・その他

梅村 知也[ウメムラトモナリ]
著・文・その他

堀田 弘樹[ホッタヒロキ]
著・文・その他