理工系学生のための量子力学・統計力学入門

個数:
電子版価格
¥2,640
  • 電書あり

理工系学生のための量子力学・統計力学入門

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月19日 06時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 224p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784785322793
  • NDC分類 421.3
  • Cコード C3042

内容説明

理工系学部の多くの学科では、各分野の応用に進む前に、量子力学と統計力学の基礎を一つの講義で学ぶことが一般的である。しかし、これらの内容が一冊にまとまった基礎的なテキストは多くない。本書は、物理学を専門としない学生が量子力学と統計力学の基礎を半期で効率的に学べることを目指し、量子力学や統計力学を応用するために必要十分な内容を丁寧に解説した。量子力学と統計力学がスムーズにつながっているため、両者の結びつきを感じながら学習することができるだろう。

目次

量子力学はなぜ必要か?
シュレーディンガー方程式と波動関数
物理量の期待値と測定値
シュレーディンガー方程式を解く(1)―井戸型ポテンシャル
シュレーディンガー方程式を解く(2)―調和振動子型ポテンシャル
シュレーディンガー方程式を解く(3)―散乱問題
量子力学の基礎概念
統計力学はなぜ必要か?
孤立系の統計力学―ミクロカノニカル分布の方法
閉鎖系の統計力学―カノニカル分布の方法
開放系の統計力学―グランドカノニカル分布の方法
量子統計の基礎
量子統計の応用

著者等紹介

小鍋哲[コナベサトル]
1979年東京都生まれ。2023年法政大学生命科学部環境応用化学科教授。博士(理学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。