量子ウォーク―基礎と数理

個数:
電子版価格 ¥3,740
  • 電書あり

量子ウォーク―基礎と数理

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月18日 20時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 208p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784785315764
  • NDC分類 421.3
  • Cコード C3041

出版社内容情報

量子コンピュータの基礎研究とともに発展してきた量子ウォーク。いくつかのモデルを取り上げ、その性質を数学の側面から解説する。 量子コンピュータの基礎研究とともに発展してきた量子ウォーク。数学ではランダムウォークの量子版、量子物理学ではディラック方程式の時空間離散版と考えられる数理モデルである。
 本書では、具体的にいくつかの量子ウォークのモデルを取り上げ、フーリエ解析を用いて、その性質を数学の側面から説明する。
 図も用いることで丁寧に解説し、実際の理解にまで導くことを目標としている。

1.標準的な量子ウォーク
 1.1 モデル
 1.2 量子ウォーカーの確率分布
 1.3 数学的な記述
 1.4 フーリエ解析
 1.5 極限定理
 1.6 abcd=0 の場合

2.2周期時刻依存型量子ウォーク
 2.1 モデル
 2.2 確率分布
 2.3 極限定理

3.3周期時刻依存型量子ウォーク
 3.1 モデル
 3.2 確率分布
 3.3 極限定理

4.三状態量子ウォーク
 4.1 モデル
 4.2 確率分布
 4.3 極限定理

町田 拓也[マチダ タクヤ]
著・文・その他

内容説明

量子コンピュータの基礎研究とともに発展してきた量子ウォーク。数学ではランダムウォークの量子版、量子物理学ではディラック方程式の時空間離散版と考えられる数理モデルである。本書では、具体的にいくつかの量子ウォークのモデルを取り上げ、フーリエ解析を用いて、その性質を数学の側面から説明する。図も用いることで丁寧に解説し、実際の理解にまで導くことを目標としている。

目次

第1章 標準的な量子ウォーク(モデル;量子ウォーカーの確率分布 ほか)
第2章 2周期時刻依存型量子ウォーク(モデル;確率分布 ほか)
第3章 3周期時刻依存型量子ウォーク(モデル;確率分布 ほか)
第4章 三状態量子ウォーク(モデル;確率分布 ほか)

著者等紹介

町田拓也[マチダタクヤ]
2005年横浜国立大学工学部生産工学科卒業、2010年横浜国立大学大学院工学府博士後期課程修了。2016年日本大学生産工学部助教。博士(工学)。おもな研究テーマは、量子ウォーク(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。