術後眼内炎パーフェクトマネジメント

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 99p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784784962358
  • NDC分類 496.24
  • Cコード C3047

目次

1章 術後眼内炎の発症メカニズム(結膜常在細菌サイクルと耐性菌;常在菌の侵入と経路)
2章 臨床像と診断
3章 抗菌薬とヨード製剤
4章 予防対策(手洗い、術前の消毒、ドレーピング;白内障手術;硝子体手術;硝子体内手術;バックリング手術;LASIK;受水袋)
5章 治療(眼内炎の初期治療と硝子体手術;バックル感染;濾過胞感染)

著者等紹介

島田宏之[シマダヒロユキ]
日本大学医学部眼科教授。1978年日本大学医学部医学科卒業。1982年日本大学医学部大学院修了。1988年米国Bascom Palmer眼研究所留学。1991年日本大学医学部講師。2005年日本大学医学部准教授。2007年日本大学医学部診療教授。2012年日本大学医学部教授。2016年日本大学病院アイセンター長。Club Jules Gonin会員

中静裕之[ナカシズカヒロユキ]
日本大学医学部眼科准教授。1994年日本大学医学部医学科卒業。日本大学医学部助手。1996年横須賀市立市民病院眼科。1997年江口眼科病院。2000年社会保険横浜中央病院眼科。2008年日本大学医学部助教。2012年日本大学医学部診療准教授。2016年日本大学医学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。