サイバー空間における覇権争奪―個人・国家・産業・法規制のゆくえ

個数:
  • ポイントキャンペーン

サイバー空間における覇権争奪―個人・国家・産業・法規制のゆくえ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月13日 06時45分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 262p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784784517466
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C0030

内容説明

サイバー空間の支配をめぐる国家間の争いは、21世紀に入って覇権争奪の主戦場になっている。サイバー空間とリアル空間が融合する時代を迎えて、国家の果たす役割に変化がみえると同時に、「テック・ジャイアンツ」と呼ばれる超国家企業の力が急速に拡大している。BigDataおよびGigMathからなるBigOtherが「神の目」をもつ存在として登場した。いま世界中で起きているIT(情報技術)をめぐる最新情報にかかわる議論の動向を解明する。

目次

序章 技術と権力―サイバー空間と国家権力
第1章 米国
第2章 ロシア
第3章 中国
第4章 日本
終章 歴史的位相を問う

著者等紹介

塩原俊彦[シオバラトシヒコ]
高知大学大学院准教授。学術博士。元朝日新聞モスクワ特派員。21世紀龍馬会代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。