多磨全生園・「ふるさと」の森―ハンセン病療養所に生きる

個数:

多磨全生園・「ふるさと」の森―ハンセン病療養所に生きる

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784784501878
  • NDC分類 498.6
  • Cコード C0030

内容説明

国の隔離政策の中で、ふるさとから切り離され、過酷な歴史を生きざるを得なかったハンセン病患者・療養所入所者たち。みずからの生活の場をより良いものとするために、自分たちの手で作り出した森。それは閉鎖された空間を、近隣住民を含む市民に開くきっかけをも与えた。一本一本の木に刻まれた、生きた証しと願い。療養所入所者のオーラル・ヒストリー。

目次

序章 全生園の四季
第1章 森のなりたち(森の歴史;森への思い ほか)
第2章 森に生きる―短歌と俳句を通して見る療養所の生活(自然への思い;ふるさとの森づくり)
第3章 森に願いを―一人一木運動(荒川武甲さん;石神耕太郎さん ほか)
第4章 森のなかで(入所者;職員)

著者等紹介

柴田隆行[シバタタカユキ]
1949年東京生まれ。東洋大学社会学部教員。社会思想史・哲学史専攻。多摩川の自然を守る会代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。