有紀ちゃんありがとう―「脳死」を看続けた母と医師の記録 (増補改訂版)

個数:

有紀ちゃんありがとう―「脳死」を看続けた母と医師の記録 (増補改訂版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784784501519
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C0030

内容説明

「脳死」は人の死なのか。脳死状態で三十九日間生きぬいた有紀ちゃん(九歳)。母と医師による生きるためのたたかいの日々を通して私たちにとっての医療のあり方、生と死の意味を問う。

目次

序章 「脳死」は人の死なのか
1章 生きるためのたたかい―「脳死」状態の三十九日
2章 がんばったね、有紀
3章 あるべき医療とはなにか
4章 歯止めなき臓器移植―脳死・臓器移植シンポジウムより
終章 生も死も、私たちの手で