アカデミズム史学の危機と復権

個数:

アカデミズム史学の危機と復権

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 272p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784784220236
  • NDC分類 210.01
  • Cコード C3021

内容説明

近代日本の歴史研究において、中心的存在であったアカデミズム史学は、いかなる時代状況のなかで生まれたのか。他の学問との競合、研究と教育のジレンマ、国家や社会との緊張関係―「国体」を正当化することと、「科学」であることという二つの任務を負わされたアカデミズム史学は、南北朝正閏問題という危機を経て、ある結論にいたる。坪井九馬三、黒板勝美らアカデミズム史学に連なる歴史家たちの実践から、無思想ともみなされてきた存在の思想性に迫る。

目次

序章
第1章 アカデミズム史学の成立―ナショナリズムと「純正史学」
第2章 「純正史学」の組織化と矛盾―学会の設立と地方史学
第3章 南北朝正閏問題をめぐる論理―歴史観と道徳論の相克
第4章 アカデミズム史学の危機と復権―南朝正統論への転換がもたらした歴史学の自立
第5章 黒板勝美の通史叙述―アカデミズム史学による卓越化の技法と“国民史”
第6章 アカデミズム史学と歴史意識の近代―『足利市史』をめぐって
終章

著者等紹介

廣木尚[ヒロキタカシ]
1977年生。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(文学)。現在、早稲田大学大学史資料センター講師(任期付)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。