占領下日本の地方都市―接収された住宅・建築と都市空間

個数:

占領下日本の地方都市―接収された住宅・建築と都市空間

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 434p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784784220090
  • NDC分類 210.76
  • Cコード C3021

内容説明

戦後、占領軍によって日本各地で不動産の接収が行われた。民間住宅からホテルやデパートまでが取り上げられ、欧米流の生活に適するよう改造、新築した「占領軍家族住宅地区」があちこちに出現した。これまで顧みられることの少なかったその知られざる歴史に、現地調査・聞き取り・史料調査等のアプローチで迫り、実態解明を試みる。同時に、日本の住宅に持ち込まれた西洋の生活様式は接収解除後の日本人の住生活に何をもたらしたのか、占領軍の要請によって行われた建築事業は日本の建設業をはじめ、家具・什器・インフラ等の技術革新にどのような影響を及ぼしたのか、「接収」の建築史的・都市史的意味を考える。

目次

地方都市の占領空間と接収をめぐる研究背景
占領下日本におけるGHQの空間配置
占領下日本における占領軍家族住宅の様相
ホテルの接収形態とその動向
札幌・「贅沢すぎる」キャンプ・クロフォード
山形・地方の小都市にみる接収
日光・観光都市の接収
名古屋・占領にみるもうひとつの戦災復興
琵琶湖畔の接収と「国際文化観光都市」の計画
京都の占領と接収
想定外の占領拠点・大坂の接収事情
神戸・阪神間の接収と土地・建物の奪いあい
岡山・日本側の期待通りに進まない占領軍の接収
英連邦軍総司令部の住まい―キャンプ江田島のディペンデント・ハウジング
宮島ホテルの接収―所有を巡る権利とその対価

著者等紹介

大場修[オオバオサム]
1955年生。九州芸術工科大学大学院芸術工学研究科修士課程生活環境学専攻修了。工学博士。立命館大学衣笠総合研究機構教授。京都府立大学名誉教授。日本建築学会賞(論文)(2006年)。日本建築学会著作賞(2021年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。