戦前期海軍のPR活動と世論

個数:

戦前期海軍のPR活動と世論

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 446p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784784219995
  • NDC分類 397.21
  • Cコード C3021

内容説明

戦前期の日本海軍は、民衆・社会と良好な関係を構築するために、さまざまなPR活動を展開していた。そこには、民衆とのコミュニケーションを通じて有効なPR方法について模索し、試行錯誤を繰り返しながらつくり上げていく軍隊の姿があった。日露戦争後から第一次世界大戦、ワシントン体制という政治・社会状況の変化の中で、日本海軍はどのようなPR活動を行っていたのか。日本海軍にまつわる公文書や新聞報道を手掛かりに、これまで宣伝という枠組みで論じられてきた日本の軍隊によるコミュニケーション活動を、PR(Public Relations)の視点から分析し、現代の日本社会における社会と軍事組織とのあり方について一石を投じる。

目次

第1部 近代日本における軍隊とPR(「PR」の視点からみる近代日本の軍隊と民衆・社会;日本海軍のPR活動を分析する―PRのマネジメント・プロセスモデルと海軍記念日講話)
第2部 海軍におけるPR活動の萌芽と民衆―日露戦争~第一次世界大戦(日露戦争後の海軍と民衆;第一次世界大戦前後における海軍のPR活動;第一次世界大戦前後における海軍と世論)
第3部 海軍におけるPR活動の積極化と世論―軍縮問題(軍縮をめぐる言説空間;軍縮期における海軍のPR活動;軍縮期における海軍と世論;戦前期の「軍艦便乗」にみる海軍のPR活動と民衆)

著者等紹介

中嶋晋平[ナカジマシンペイ]
1981年大阪府生。2004年富山大学国際文化学部卒業。2010年大阪市立大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学。現在、大阪市立大学大学院文学研究科都市文化研究センター研究員、博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。