近代天皇制と社会

個数:
  • ポイントキャンペーン

近代天皇制と社会

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 528p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784784219551
  • NDC分類 210.6
  • Cコード C3021

目次

序論に代えて―近代天皇制と顕彰
第1部 近代天皇制と顕彰(神武陵と橿原神宮の周辺―国家神道・教派神道再考;神功皇后伝説の地域的展開と「皇国」意識―金沢の八幡信仰とその表象;明治前期の陵墓・皇霊祭祀の特質;明治期における地域の楠公父子顕彰;近代遙拝所と地域社会―奈良県下の事例を中心として;神国大博覧会開催計画とその行方―昭和初期における松江観光都市化戦略とその帰結;中島久万吉筆禍事件の社会的背景;「国体明徴」と宗教運動)
第2部 社会のなかの天皇制(明治維新と画壇の再編;森有礼「不敬」・暗殺事件顛末―虚実の報道を通して;明治中期の皇室と社会―長野県横川山御料林における天皇・皇室の「不在」;近代天皇制と大麻問題;大正・昭和戦前期の伊勢神宮参拝の動向―娯楽とナショナリズムの両側面から;天皇制ファシズムと地域社会―「勝つために戦ふ村」の虚構と現実;三笠宮の「史学会発言」と社会)

著者等紹介

高木博志[タカギヒロシ]
1959年生。立命館大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。京都大学人文科学研究所教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

天皇が国家の頂点に立った近代、天皇制は人びとにどのように受け入れられていったのか。

社会における受容のありよう、権威を高めていった顕彰という行為の具体的検証を通して、天皇不在の社会へ天皇制が浸透していく過程を描き出す。

明治維新から戦後まで、現代の象徴天皇制へとつながる近代天皇制を、「社会」をキーワードに検討する意欲作。

序論に代えて―近代天皇制と顕彰―(高木博志)


第?部 近代天皇制と顕彰

神武陵と橿原神宮の周辺―国家神道・教派神道再考―(幡鎌一弘)

神功皇后伝説の地域的展開と「皇国」意識―金沢の八幡信仰とその表象―(本康宏史)

明治前期の陵墓・皇霊祭祀の特質(上田長生)

明治期における地域の楠公父子顕彰(尾谷雅比古)

近代遙拝所と地域社会―奈良県下の事例を中心として―(市川秀之)

神国大博覧会開催計画とその行方―昭和初期における松江観光都市化戦略とその帰結―(能川泰治)

中島久万吉筆禍事件の社会的背景(廣木尚)

「国体明徴」と宗教運動(福家崇洋)


第?部 社会のなかの天皇制

明治維新と画壇の再編(中野慎之)

森有礼「不敬」・暗殺事件顛末―虚実の報道を通して―(田中智子)

明治中期の皇室と社会―長野県横川山御料林における天皇・皇室の「不在」―(池田さなえ)

近代天皇制と大麻問題(ジョン・ブリーン)

大正・昭和戦前期の伊勢神宮参拝の動向―娯楽とナショナリズムの両側面から―(平山昇)

天皇制ファシズムと地域社会―「勝つために戦ふ村」の虚構と現実―(遠藤俊六)

三笠宮の「史学会発言」と社会(河西秀哉)

高木 博志[タカギ ヒロシ]
編集