日本近世貨幣史の研究

個数:

日本近世貨幣史の研究

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月17日 22時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 306,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784784218486
  • NDC分類 337.21
  • Cコード C3021

内容説明

日本の歴史上、近世ほど多種類の貨幣が流通した時代はない。金・銀・銭という幕府制定の「三貨」、近世初頭の大名領国にみられる金銀貨「領国貨幣」、藩札や私札の紙幣などを加えればその数は膨大である。さらに銭については、地域独特の数え方もあった。こうした複雑さのいっぽう、近世の権力は貨幣制度を確立したとも認識されている。本書は、この一見矛盾する貨幣の特質を明らかにすることを試みる。近世貨幣はどのように生まれ、流通し、終焉をむかえたのか―。一国一通貨という貨幣観を解きほぐし、その独自の機能や意味づけを問いなおす良著。

目次

第1部 貨幣の統合と多様性(三貨制度の成立;貨幣の地域性と近世的統合;地域からみた近世中後期の通貨事情(一)―播磨を中心に
地域からみた近世中後期の通貨事情(二)―伊予の場合)
第2部 貨幣の機能(金銀貨の機能とその展開;貨幣改鋳と新旧貨引替機構―文政期、十五軒組合の設立を中心に;近世初期の撰銭令と銭貨の機能;貨幣の社会的・文化的効用)
第3部 寛永通宝の鋳造と流通(寛永通宝の第一次鋳造;寛永期の大坂銭座;享保期、大坂難波銭座の鋳銭;真鍮四文銭の鋳造と流通;まとめと展望)

著者等紹介

安国良一[ヤスクニリョウイチ]
1953年神戸市生まれ。1977年京都大学文学部卒業。1984年京都大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学。2012年京都大学博士(文学)。現在、住友史料館副館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

 日本の歴史上、近世ほど多種類の貨幣が流通した時代はない。金・銀・銭という幕府制定の「三貨」、近世初頭の大名領国にみられる金銀貨「領国貨幣」、藩札や私札の紙幣などを加えればその数は膨大である。さらに銭については、地域独特の数え方もあった。こうした複雑さのいっぽう、近世の権力は貨幣制度を確立したとも認識されている。本書は、この一見矛盾する貨幣の特質を明らかにすることを試みる。
 近世貨幣はどのように生まれ、流通し、終焉をむかえたのか―。一国一通貨という貨幣観を解きほぐし、その独自の機能や意味づけを問いなおす良著。

序章 課題と方法
本書の課題/通貨への関心と貨幣史研究の動向/研究史にみる貨幣観/本書の研究視角/本書の構成


第1部 貨幣の統合と多様性

第1章 三貨制度の成立
三貨制度とは何か/儀礼的貨幣の系譜と定着/通貨の整備過程/武家の国家の貨幣体系

第2章 貨幣の地域性と近世的統合
幕府の貨幣と領国の金銀/京銭=鐚銭による銭貨統合/銅銭輸出とその停止/新銭鋳造計画/寛永通宝の発行と流通

第3章 地域からみた近世中後期の通貨事情(一)―播磨を中心に―
一七世紀における鉱山と銀の流通/一八世紀以降の貨幣流通の変化/札遣いの普及とその特色/西播、安志藩銭札の貸付

第4章 地域からみた近世中後期の通貨事情(二)―伊予の場合―
東予と別子銅山の流通貨幣/銭匁勘定の普及と藩札(銭匁札)の流通状況/幕末期の通貨変動とその影響/維新期―新たな統合へ―


第2部 貨幣の機能

第5章 金銀貨の機能とその展開
近世貨幣の特性/経済的機能の深化/対外関係と貨幣の政治的意味

第6章 貨幣改鋳と新旧貨引替機構―文政期、十五軒組合の設立を中心に―
組合設立の前段階/十五軒組合の成立/組合による引替の開始とその実態

第7章 近世初期の撰銭令と銭貨の機能
江戸幕府撰銭令の系譜/幕府の街道・宿駅整備と撰銭令/銭の交通上の機能/京銭による銭貨統合の時代/寛永通宝の発行事情

第8章 貨幣の社会的・文化的効用
儀礼的貨幣の展開/身分的な財の流動化/都市経済の新展開/貨幣からみた都市文化


第3部 寛永通宝の鋳造と流通

第9章 寛永通宝の第一次鋳造
新銭鋳造の動き/寛永通宝の発行/諸大名の対応/鋳造停止とその事情/寛永飢饉と銭貨流通

第10章 寛永期の大坂銭座
大坂における銭座の開設/銭座と錫輸入/銅輸出解禁への模索と銭座の停止

第11章 享保期、大坂難波銭座の鋳銭
従来の見解と典拠史料/通説の問題点/『古記録』所収史料による再検討

第12章 真鍮四文銭の鋳造と流通
第一次鋳造高の再検討/真鍮四文銭の流通域

終章 まとめと展望
近世貨幣の特質/近世貨幣の終焉

安国 良一[ヤスクニ リョウイチ]
1953年生.京都大学博士(文学).現在,住友史料館副館長.