俳句とスペインの詩人たち―マチャード、ヒメネス、ロルカとカタルーニャの詩人

個数:

俳句とスペインの詩人たち―マチャード、ヒメネス、ロルカとカタルーニャの詩人

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月18日 14時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 321,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784784218233
  • NDC分類 961
  • Cコード C3098

内容説明

俳句はどんな形でスペイン語圏に伝わり、その詩にどんな影響を及ぼしたのか。これまでの研究では、俳句はフランスなどでの広範な流行にかなり遅れて、断続的にスペインに入ったと考えられていた。だが、陸続きのヨーロッパでそのようなことはあり得ない―スペイン語とカタルーニャ語に精通し、現地の文化と風土を肌で感じてきた著者が、長詩を主流とするスペインの詩に俳句という究極の短詩がいかに受容されたかを、当時の文学書はもとより雑誌や新聞、詩人たちの日記や書簡などを渉猟して、こまやかに読み解く。

目次

序章 パスの功罪
第1章 俳句受容の玄関口―パリとロンドン
第2章 スペインの三大詩人と俳句―マチャード、ヒメネス、ロルカ
第3章 俳句伝播の拠点「学生寮」
第4章 「ウルトライスモ」と「グレゲリア」の役割
第5章 カタルーニャの詩人・文化人と俳句

著者等紹介

田澤佳子[タザワヨシコ]
甲南女子大学文学部英文科卒。大阪外国語大学外国語学部イスパニア語学科卒。関西学院大学大学院言語コミュニケーション文化研究科博士課程前期修了。大手前大学大学院比較文化研究科博士課程後期単位取得後退学。文学博士。大阪大学・関西大学講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。