京都 近代の記憶―場所・人・建築

個数:

京都 近代の記憶―場所・人・建築

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 173,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784784218127
  • NDC分類 216.2
  • Cコード C1052

内容説明

京都は「千年のみやこ」と言われる。確かに平安京ができて千年以上たつ都市である。しかし、平安京の姿そのままの遺構など実はどこにも残されていない―。東京遷都により没落の危機に見舞われ、都市改造や近代建築の導入に積極的に取り組む一方で、まさに生き残りを懸けて「千年のみやこ」を演じてきた街、京都。いまある京都の魅力はいつ、どのように作られたのか?「歴史都市」の近代化の過程で生まれたさまざまなエピソードを、場所・人・建築をキーワードとして写真とともに綴る。

目次

1 近代化の舞台となった岡崎
2 場所と空間・建築
3 歴史と空間・建築
4 街に寄り添う様式
5 京都モダニズム
6 基督教の文化
7 近代を駆け抜けた建築家
8 保存と演出
9 京都周辺のまち

著者等紹介

中川理[ナカガワオサム]
1955年横浜生まれ。1980年京都大学工学部建築学科卒業。1988年京都大学大学院博士課程修了(建築学専攻)。工学博士。日本学術振興会特別研究員を経て、1922年京都工芸繊維大学助教授。2003年京都工芸繊維大学大学院教授(建築学専攻)。日本建築学会奨励賞、日本都市計画学会論文奨励賞、日本建築学会教育賞など受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件