記憶を拓く―信州 半島 世界

個数:

記憶を拓く―信州 半島 世界

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月01日 11時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 237p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784784073832
  • NDC分類 319.102
  • Cコード C0036

内容説明

日本と朝鮮半島で引き裂かれたオリンピアン、極秘工事“松代大本営”生存者の新たな証言―。迫った「素顔」から、日韓の対話と共感の糸口を探る。20年度平和・協同ジャーナリスト基金賞大賞。

目次

第1部 金メダリスト孫基禎
第2部 動員者たちの名簿から
第3部 歴史は邪魔もの?
第4部 境界のひとびとへの視線
第5部 断絶が覆う世界に
第6部 ナショナルを超えて

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

宮崎太郎(たろう屋)

0
「泣いている人に寄りそう事が解決の出発点ではないか」が腑に落ちました。日韓関係は双方の政府の支持率に影響が出やすく政治的に使われている面が強い。正義の物語で語られる事も多いので善悪の一面に左右される。「歴史はお互いのおしくらまんじゅう」であるという。だからこそ国と国だけでなく、人間一人一人の物語をもっと知らねばと思う。国という概念からできるだけ離れながら、それでも日韓という繋がりをこれからも信じていきたい2022/01/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18068987

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。