信毎選書<br> 「勘太郎」とは誰なのか?―伊那谷の幕末維新と天狗党

個数:

信毎選書
「勘太郎」とは誰なのか?―伊那谷の幕末維新と天狗党

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年04月27日 14時12分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 279p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784784072262
  • NDC分類 210.58

内容説明

“架空の侠客”はどこから来たのか―。昭和の映画・歌謡史、江戸の風俗文化史をひもとき、「夜明け前」の伊那谷にその影を追う。

目次

第1章 架空の侠客で踊る人々
第2章 勘太郎と太平洋戦争
第3章 江戸時代の信州と侠客
第4章 なぜ勘太郎は天狗党を助けたのか
第5章 伊那谷の夜明けと民権博徒
「勘太郎」とは誰なのか?―おわりに

著者紹介

伊藤春奈[イトウハルナ]
1978年石川県金沢市生まれ、伊那市出身。立命館大学産業社会学部卒業。出版社、編集プロダクション勤務を経て、2006年よりフリーランスの編集者、ライターに。幕末史、江戸時代の文化風俗を中心に、映画、ドラマ、漫画などを扱う媒体で活動。博徒や芸人、遊女といった、士農工商からあぶれた存在の研究をライフワークとする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)