現代詩文庫<br> 井川博年詩集

個数:

現代詩文庫
井川博年詩集

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 158p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784783709435
  • NDC分類 911.56
  • Cコード C0392

目次

詩集「見捨てたもの」から
詩集「深夜放送」全篇
詩集「花屋の花 鳥屋の鳥」全篇
詩集「胸の写真」全篇
詩集「待ちましょう」全篇
詩集「そして、船は行く」全篇
エッセイ
作品論・詩人論

著者等紹介

井川博年[イカワヒロトシ]
1940年福岡市生まれ。生家は船会社を営む。四歳より松江市に帰住。松江工業高校造船科卒。十代より俳句と詩を投稿。文通で丸山辰美、岡田隆彦を知る。19歳、「現代詩手帖」で木原孝一「現代日本新人詩選」に選ばれ、国井克彦、辻征夫を知り「銛」結成に参加。62年『見捨てたもの』刊行。70年私家版で『深夜放送』。高校卒業後は造船所を皮切りに各種の職業と各地を転々。二十代後半には香港放浪。帰って結婚。日中学院で中国語を学ぶ。三十代より建築の設備設計に従事、後に会社自営。75年『花屋の花 鳥屋の鳥』、80年に『胸の写真』を出す。四十代は個人誌「樽」に専念。89年『待ちましょう』。この頃より小沢信男の余白句会に加わる。01年十二年振りに『そして、船は行く』(山本健吉文学賞)を出す
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。