がんになった私がした30の実験―がん治療に疑問を感じた私の体験記

個数:

がんになった私がした30の実験―がん治療に疑問を感じた私の体験記

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月23日 00時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 200p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784782905210
  • NDC分類 494.5
  • Cコード C0030

内容説明

がんは病気じゃない、身体からの警告である。家族は敵にも味方にもなる。本当に大切なのは味覚だった。日本のがん治療の不自然さ…治したいなら、今一度、人生を見直せ!

目次

第1章 がんの兆候から発覚まで(世の中にあふれる情報を鵜呑みにしてはいけない;体の不調を感じるまで ほか)
第2章 がん治療での実験(治療方針については、受け身にならず自ら積極的に質問していくこと;一番は家族である ほか)
第3章 入院中の実験(病院の選び方;自分のがんを写真に撮る ほか)
第4章 生活面での実験(人間ドックはほどほどに;人間にとって、一番大切なものは味覚だった ほか)
第5章 がんになってしまった君へ(がん研究;がんになってしまった君へ)

著者等紹介

上野淳[ウエノジュン]
東京府中市生まれ。大手半導体企業にて勤めたあとに、独立し株式会社J‐mindを設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くらーく

1
価値観や死生観など、よく似ているなあ、と思って読みました。 自らを実験台として、感じたことを書いています。まあ、それが正しいかどうかは分かりません。N=1だし、主観だし、再現実験出来ないし。でも、気持ちは分かります。家内がガンになった時に、食事も生活も変えましたし。今までの生活で癌になったのであれば、逆の事をすれば良いだろうと。 著者が最後に書いているのは、栄養(ミネラル)と感謝です。栄養については、正直分かりません。感謝は分かります。死んでいたかも知れないと思えば、生きているだけで感謝です。お大事に。2021/04/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17452258
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。