よりみちパン!セ<br> いのちの食べかた

よりみちパン!セ
いのちの食べかた

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 123p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784781690025
  • NDC分類 K648
  • Cコード C0095

内容説明

魚は切り身で泳いじゃいない、そんなことは知っている。では、毎日食べる大好きなお肉はどこからどうやって、やってくる?

目次

第1章 もしもお肉がなかったら?(君んちの晩ごはん;僕たちの知らないこと;牛とのおつき合いのはじまり;お肉を食べないわけ;すき焼きと豚肉の登場!)
第2章 お肉はどこからやってくる?(牛と豚がやってくる;おいしいお肉はだれのため?;二つの大問題;お肉ができあがるまで;職人さんの名人芸;「人間」という生きもの;いのちを食べるということ)
第3章 僕たちの矛盾、僕たちの未来(お肉禁止令;僕らはとても忘れっぽい;大人は、万能じゃない;「穢れ」って、なに?;「不浄」って、なに?;僕たちの「弱さ」の歴史;村ごと大引越し!?;小さな優越感;君はすべてを秘密にできるかい?;メディアの過ち;無限大の傷つけ装置;だまされることの責任;僕らの麻痺;忘れなれない記憶;僕たちが生きているということ)

著者等紹介

森達也[モリタツヤ]
1956年広島生まれ。テレビディレクター、映画監督、作家。98年、自主制作ドキュメンタリー映画『A』を発表、ベルリン映画祭に正式招待される。また、その続編『A2』が、山形国際ドキュメンタリー映画祭にて審査員特別賞、市民賞をダブル受賞し、大きな評価を受ける。2006年、TV作品『森達也の「ドキュメンタリーは嘘をつく」』が、日本民間放送連盟賞・特別表彰部門「放送と公共性」で優秀賞を受賞(事績タイトルは「メディアリテラシー」)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あじ

52
動物の肉を忌み嫌ってきた日本人の根深い思想を背景に、いのちを切々と説いている。肉が食卓に上るまでの過程に止まらず、携わる人間の尊厳も見つめる。動物の血にまみれる者「穢れと不浄」=被差別部落の歴史と、貶める人間の愚かさまでを。そしてモノの見方、捉え方を、様々な角度で思考する事の重要性を訴える。本書にはルビがふられているが、対象年齢を問わない内容だ。【肉】の深層を抉り取る書籍は希少である。2017/12/14

ふみふみ

21
恥ずかしながら、初めて「と場」のことを知った。私たちが毎日食べているお肉。ちょっと前までは、元気だった豚や牛なんだと、当たり前のことだけど、全く「お肉になるまで」の過程を知らなかった。また一つ、勉強になった。知るって大事だ。2013/08/12

sui

19
日本人が2004年に食べた肉の量。牛:1,267,602頭、豚:16,183,495頭。私たちは命を食べている。そんな事分かってると、みんなは言うだろう。でも、牛や豚がどのように殺され解体されるのか。誰がその仕事をしてくれるのか。知ろうとする人は少ない。森さんは言う。知ろうとすることが大切だと。戦争、差別・・・話はどんどん深まっていく。森さんの心に語り掛けてくるような文章がとても誠実。考えない方が楽だから、知ろうとしない大人になっている自分に気付く。小学校高学年になったら娘たちに読ませよう。2016/09/02

ヒラP@ehon.gohon

10
自分たちが何不思議なく日ごろ口にしている肉。 その肉がどのように精肉されているか、森さんはそのことを伝えながら、どうして知ろうとしないのか、とても奥深いことを教えてくれました。 森さんはこうも言っています。 「自分で見ることが必要だ。事実は語られるところから、語る人のフィルターを通したものとなるのだ。」 素晴らしい言葉です。 2011/11/23

Noi

10
食肉、戦争、外国人差別、部落差別など・・幅広くさまざまなことが書かれています。戦争や差別などは特定の誰かが悪いのでない、みんなに責任があるのだと作者は言います。辛い事実から目を逸らし知ろうとしない、思考することを止める、そして周りに流され間違いを間違いだといわなくなる。そんなときに戦争や差別が起きると書かれていました。私は小学生のときに近所の子に「日本から出ていけ!」と石を投げられたことがあります、学校の帰りに待ち伏せされたこともあります。その小学生たちの残酷さや差別意識は→コメント欄に続く。2013/05/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3586179

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。