ヘアヌードの誕生―芸術と猥褻のはざまで陰毛は揺れる

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

ヘアヌードの誕生―芸術と猥褻のはざまで陰毛は揺れる

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年12月05日 01時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 280p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784781619903
  • NDC分類 384.7
  • Cコード C0095

出版社内容情報

都築響一 エロ エロ本 AV 高橋源一郎 石野卓球 荒木経惟 白夜書房 世界史 陰毛 ワイセツ 猥褻 ビニ本 不測の事態 宮沢りえ サンタフェ べっぴん スコラ グラビア誌 

内容説明

ヘアー、それはたかが陰毛であり体毛に過ぎない。しかし、女性のそれが見えたか、見えないか。見せようとする側と決して見せまいとする側は、泣き笑いかつ死に物狂いの戦いを繰り広げてきた。その攻防の歴史を追うことは、日本人にとっての猥褻観とは何かを突き詰めることであり、否定しようのない日本文化史なのである。

目次

第1章 陰毛をめぐる世界史
第2章 奪われた日本の陰毛
第3章 陰毛闘争
第4章 ヘアヌードの誕生
第5章 ヘアヌードの終焉
終章 そして誰も陰毛を語らなくなった

著者等紹介

安田理央[ヤスダリオ]
1967年埼玉県生まれ。ライター、アダルトメディア研究家。美学校考現学研究室(講師=赤瀬川原平)卒。主にアダルトテーマ全般を中心に執筆。特にエロとデジタルメディアとの関わりや、アダルトメディアの歴史をライフワークとしている。AV監督やカメラマン、またトークイベントの司会や漫画原作者としても活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

garth

5
やっぱり「ロリータの誕生」を読みたいなあ。今回もまわりをかすめて直撃しないままだった。写真数の部数の話がおもしろい。2021/07/11

岸田解

1
またしても、素晴らしいフィニッシング・ストローク!2021/07/24

Go Extreme

1
日本人にとっての陰毛とはなんだったのか 陰毛をめぐる世界:女性の裸体は恥ずかしい 3万年前のヘアヌード 初めて陰毛が描かれた絵画 フレンチポストカードの流行 奪われた日本の陰毛:腰巻の下には何もなかった 1957年に定義された猥褻 メディアにあふれる裸体 陰毛闘争:ビニ本ブームの到来 少女の世紀は猥褻ではない 解禁の一進一退 ヘアヌードの誕生:ヘアヌード写真の洪水 ヘア詐欺でも雑誌が売れた時代 陰毛が勝敗を分けた ヘアヌードの終焉:ブームは臨界点を迎えた 祭りは終った そして誰も陰毛を語らなくなった2021/07/05

オールド・ボリシェビク

1
そう、今考えればなぜ、かくもあの体毛にしか過ぎないものに、男たちは狂奔したのか。不思議だ。とはいえ、見せる者と見せまいとする者の熱い闘いがそこにはあったのだ。日本人にとって「わいせつ」とは何だったのか。一つの文化史としてのヘアヌードを語る珍書であり、力作である。2021/06/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17856906

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。