まんがで読破<br> 雇用・利子および貨幣の一般理論

個数:
  • ポイントキャンペーン

まんがで読破
雇用・利子および貨幣の一般理論

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年08月06日 00時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 382p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784781613383
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0193

内容説明

世界恐慌の発生で、失業率が25%に達したイギリス。「いずれ時が解決する」といった古い考えにとらわれ続ける古典派経済学に失望した気鋭の経済学者ケインズは、進歩した社会の問題を解決できるまったく新しい経済理論を生み出す難事業に、たった一人で挑む!経済学の常識を覆し、世界経済のかたちを一気に変えた名作をマンガ化。

目次

古典派経済学の問題点1―失業の定義
古典派経済学の問題点2―供給重視から需要重視へ
古典派経済学の問題点3―実質賃金と名目賃金
有効需要―雇用と物価について
限界消費性向・乗数理論―収入、貯蓄、投資について
流動性選好理論―利子率、お金、期待について
政府の役割―金融緩和と公共事業について
モラル・サイエンス

著者等紹介

ケインズ,ジョン・メイナード[ケインズ,ジョンメイナード]
1883~1946。イギリスの経済学者・官僚。晩年は音楽・美術奨励会議議長や、国立美術館管理委員会委員も務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。