知的発見!BOOKS<br> アベノミクスを阻む「7つの敵」―消費増税と「トンデモ経済学」を論破する

個数:
電子版価格 ¥946
  • 電書あり

知的発見!BOOKS
アベノミクスを阻む「7つの敵」―消費増税と「トンデモ経済学」を論破する

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月20日 12時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 238p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784781611464
  • NDC分類 332.107
  • Cコード C0033

内容説明

“彼ら”は敵か、味方か…経済ニュースの深層を見破れ。

目次

序章 安倍晋三に消費増税を決断させたのは誰か―「木下財務省」に踊らされた残念な人々
第1章 日銀が動けば、物価は上げられる!―「金融政策無効論」のウソ
第2章 「借金」が減っても、何も解決しない!―「財政再建至上主義」のウソ
第3章 土木工事だけでデフレは脱却できない!―「公共政策万能論」のウソ
第4章 官僚に「成長産業」はつくれない!―「産業政策万能論」のウソ
第5章 いっきに景気回復する「魔法」などない!―「構造改革至上主義」のウソ
第6章 「苦難に耐えて成長」なんてありえない!―「清算主義」のウソ
第7章 「日本ダメ論」は、やっぱりウソだ!―「反成長論」のウソ

著者等紹介

上念司[ジョウネンツカサ]
1969年、東京都生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。在学中は創立1901年の弁論部・辞達学会に所属。日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。2007年、経済評論家・勝間和代と株式会社「監査と分析」を設立。取締役・共同事業パートナーに就任(現在は代表取締役)。2010年、米国イェール大学経済学部の浜田宏一教授に師事し、薫陶を受ける。現在、勝間和代のブレーンの一人として、主に金融政策、財政政策、外交防衛政策等のリサーチを行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。