まんがで読破
ゲーテとの対話

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 188p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784781604435
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0193

出版社内容情報



エッカーマン[エッカーマン]
著・文・その他

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

糜竺(びじく)

41
若きエッカーマンが、高齢となったゲーテを訪ねて、多くの事を対話し、時間を共に過ごし、そして学びを得た内容の原作をマンガで描いた一冊です。引用「性にあわない人と付き合ってこそ、うまくやっていく為に自制しなければならないし、それを通して我々の心の中にある色々なものが刺激され発展するのであって、やがて誰とぶつかってもびくともしないようになるわけだ」「結局、最も偉大な技術とは、自分を限定し他から隔離するものをいうのだ」「なぜ?という質問は全く学問的ではない。どうして?という質問なら一歩先に進むことが出来る」。2018/03/09

澤水月

29
水木しげる翁が戦地へ携えたほど愛読した書…読んでみたいが大部三巻(レビュー見ると中巻飛ばして気づかなかった方もおいで汗)…取り敢えず概要を、と何か禁断な気がするまんがで読破で。うん。やはり原典読みたくなるという(笑)。そもそもがゲーテに付き従い思想、名言、人生の諸相を書き留めたものなのだからゲーテの入門編ディップでの入門編なんで。体調戻し余裕持って再挑戦したい。大部な本の概要雰囲気知るのにはいい叢書ですね。…和の短編は原典読んでほしいけど…2015/12/24

ココロココ

23
先日読んだ齋藤孝の著書から、ゲーテとの対話を知り、ゲーテとの対話を読む前に手にとった。ゲーテの著書は読んだことがなかったので、まずは『若きウェルテルの悩み』を読むことにした。『ゲーテとの対話』も読みたいし、いつか『ファウスト』も読みたい。2018/03/25

トッド

15
■人はただ自分が愛する人からだけ学ぶものだ。■私は常として、全てを静かに胸にしまって完成するまで誰にも知らせない。■日記➡自分の中の変化を知る事が出来る、これは馬鹿にならない。■一つの専門に集中できる様に心掛ける。■独学批判➡基礎学識の上に才能や力量は開花する。■日々の生活の方がどんな刺激的な本よりも影響は大きい。■功利主義批判➡つまり「なぜ」という質問は全く学問的ではない。だが「どうして」という質問なら一歩先に進む事が出来る。➡人間の狭い了見で自然を解釈せず、ありのままに見て学ぶ事が真にものを見る態度だ2021/04/17

takka@乱読

15
まんがで読破を読んで、久々に原著を読みたくなった本である。「ゲーテとの対話」は、助手で本著の著者であるエッカーマンが、師匠のゲーテから学んだことをまとめているものである。要するに、若者への格言集だ。ただ、古典とはいえども現代にも通じる格言がたくさん収められている。「性の合わない人と付き合ってこそ、刺激され、発展する」「時間の浪費をせず、使い尽くすことのない資本をつくること」。古典からも学べることが多いということを感じさせる一冊であった。2019/03/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/644969
  • ご注意事項