安倍政権は「倒れた」が「倒した」のではない―野党共闘の可能性を探る

個数:
  • ポイントキャンペーン

安倍政権は「倒れた」が「倒した」のではない―野党共闘の可能性を探る

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年11月27日 04時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 144p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784780311259
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C0031

内容説明

安倍氏が国政に登場した1993年―冷戦が終了し、資本主義は行き詰まり、自民党一党支配が揺らぎ、戦後民主主義は危機に直面していた。その新しい構造変化に対し、他の保守政治家にはできなかった対応をしたのが安倍氏であった。そこを正確に見抜かなければ、安倍的な政治への対抗軸は見えてこない。

目次

第1章 安倍氏が登場した九〇年代初頭の構造変化とその意味(戦後世界を特徴づけた冷戦の崩壊の中で;世界と日本の資本主義も行き詰まる中で;自民党一党支配の崩壊と新枠組模索の中で;戦後民主主義が反動期を迎える中で)
第2章 安倍氏は変化にどう対応したか―第一次政権の失敗を受け止めて(岩盤支持層がいたからリベラルに手を伸ばせた;アメリカに安全を頼れない時代の一つの選択肢;新自由主義の枠内で是正策に乗り出した;失敗を覆い隠した「やってる感」の演出)
第3章 野党共闘が政権の選択肢になる条件(民主党政権の失敗を成功に変える覚悟が不可欠;野党共闘は成長途上―国会共闘、政策共闘、政権共闘;「バラバラ」を「多様性の統一」に変える防衛政策;支え合う社会の経済政策とは;韓国との関係をどうするのか)

著者等紹介

松竹伸幸[マツタケノブユキ]
編集者・ジャーナリスト、日本平和学会会員(専門は日本外交論・安全保障論)、「自衛隊を活かす会」(代表=柳澤協二)事務局長。1955年、長崎県生まれ。兵庫県立神戸高校卒、一橋大学社会学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。