エキタス―生活苦しいヤツ声あげろ

個数:
  • ポイントキャンペーン

エキタス―生活苦しいヤツ声あげろ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年12月12日 02時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 149p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784780309324
  • NDC分類 366.4
  • Cコード C0036

内容説明

最低賃金1500円に上げろ!当たり前に生きさせろ!貧困叩きは今すぐやめろ!中小企業に税金まわせ!―声を上げ始めた若者たち。

目次

第1章 若者は声を上げ始めた(エキタスのスピーチから;エキタスとは何か、その主張は?)
第2章 見てわかる貧困・格差の実態と構造(所得の低下;格差・貧困の拡大;所得の低下が、生活を破壊する―脆弱な社会保障制度;強まるバッシングと賃金・福祉問題の構造)
第3章 座談会―新しい貧困問題、新しい反貧困運動とは何か(エキタスの立ち上げと「最低賃金1500円」;相談活動から見える貧困の実相と対応;貧困問題のこの10年を振り返る;新自由主義による社会の疲弊をどうする;貧困に関する世代間の違いは;安倍政権の労働政策と労働運動のあり方)

著者紹介

今野晴貴[コンノハルキ]
NPO法人「POSSE」代表、ブラック企業対策プロジェクト共同代表。若者からの労働相談を続け、それを踏まえて調査・政策提言を行っている。2013年に大佛次郎論壇賞を受賞

雨宮処凛[アマミヤカリン]
作家・活動家。1975年北海道生まれ。2000年に自伝的エッセイ『生き地獄天国』(太田出版/ちくま文庫)を出版してデビュー。以来、「生きづらさ」や格差・貧困問題に取り組む。反貧困ネットワーク世話人。著書に『生きさせろ!難民化する若者たち』(JCJ賞受賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件