大学生のための日本語リテラシーとレポートライティング―初年次ゼミ対応テキストブック

個数:

大学生のための日本語リテラシーとレポートライティング―初年次ゼミ対応テキストブック

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月24日 11時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 90p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784779516535
  • NDC分類 810
  • Cコード C1037

出版社内容情報

日本語を上手に使う学生になるための必携書

本書を使って自己紹介、メールの書き方、ノートの取り方、説明の仕方、新聞の読み方、敬語の使い方、手紙の書き方、電話の対応のし方など、学びの基本、日本語の基本をしっかり身につけよう。
そして、問いを立て、本を読み、要約したり、比較したりしながら、論文の構成を考えたり、引用の作法を身につけて、記号や言葉遣い、体裁にも気をつけながら、レポート・論文を書いてみよう

第?部は,みなさんの大学生活におけるさまざまな場面を想定して,大学生活での日本語の上手な使い方を学ぶ内容になっています。[…] 第?部では,大学生の学びの醍醐味である,研究レポートの書き方を学びます。[…]これから始まる大学での学びでは,新たな知識を学ぶだけではなく,知識を材料にして,自分の考えをまとめることが求められます。 そのためには,まず,先人の考えを正しく理解することが大切です。「読む」力が求められます。[…]そして,次に大切なのは,多くの先人の考えを土台にして,自分の考えを築くことです。さらに自分の考えをもったら,それを他者に理解しやすいように表現することです。ここでは,自分の考えを適切な言葉で,わかりやすく表現する力を高めましょう。


執筆者紹介

宮武 里衣(みやたけ りえ)

美作大学 生活科学部 児童学科 准教授
愛知教育大学大学院 教育学研究科修士課程 国語教育専攻修了

目次

第1部 豊かな大学生活を送るために:大学生活のさまざまな場面での言語表現を学ぶ(自己紹介の仕方:簡単でも伝わる方法;メールの書き方:スマートに依頼する;ノートの取り方:思考の筋道の記録;説明の仕方:わかりやすく説明するコツ;新聞の読み方:信頼できる情報源 ほか)
第2部 知識人として生きていく礎をつくるために:論文・レポートの書き方を学ぶ(問いの立て方:自分の興味関心に向き合う方法;情報読書の仕方:あらまし読みのやり方;アウトラインの決め方:「くらべ読み構想シート」利用;構成の仕方:接続語を生かす方法;文献引用の仕方:正しい書き方を身につける ほか)

著者等紹介

宮武里衣[ミヤタケリエ]
美作大学生活科学部児童学科准教授。愛知教育大学大学院教育学研究科修士課程国語教育専攻修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。