コミュニケーション支援のフィールドワーク―神経難病者への文化心理学的アプローチ

個数:

コミュニケーション支援のフィールドワーク―神経難病者への文化心理学的アプローチ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 170p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784779512292
  • Cコード C3011

出版社内容情報

難病者が日々を充実した形で営んでいくためのコミュニケーション支援とはなにか。ALS患者宅でのフィールドワークを基に描き出す。

はじめに



第1章 神経難病者の在宅療養の発展とその問題点

 第1節 神経難病者とその生活

 第2節 先行研究・実践における神経難病者支援の現状

 第3節 神経難病者支援の問題点および支援のための方策



第2章 難病者の生を捉えるための理論的・方法論的な基盤

 第1節  神経難病者の在宅療養に対する文化心理学的アプローチ

 第2節  病者の「生(ライフ)」を記述するメソドロジーとしてのマイクロ・エスノグラフィ



第3章 本研究の目的



第4章  難病在宅療養のマイクロ・エスノグラフィー本研究のフィールド

 第1節 本研究におけるフィールド



第5章  研究1: 在宅療養におけるALS 患者のコミュニケーション支援の実際

 第1節 問題と目的

 第2節 方  法

 第3節 結果と考察(分析1)

 第4節 結果と考察(分析2)

 第5節 総合考察



第6章  研究2:ALS 患者のリアルタイムコミュニケーション可能性の検討

 第1節 問題と目的

 第2節 方  法

 第3節 結果と考察

 第4節 総合考察



第7章  研究3: 病者の経験を伝えるためのコミュニケーションのあり方:

ファシリテーション機能の解明

 第1節 問題と目的

 第2節 方  法

 第3節 結果と考察

 第4節 総合考察



第8章  研究4: 病者アドボカシー企画の運営と意義の変容過程:

複線径路・等至性モデルによるALS 患者参加型企画の分析

 第1節 問題と目的

 第2節 方  法

 第3節 結果と考察

 第4節 総合考察



第9章 総合考察

 第1節  在宅療養の実態とコミュニケーションの記号的意味(研究1について)

 第2節  ALS患者の沈黙に対するとき(研究2について)

 第3節  身体を持ち寄って交流すること(研究3,研究4について)

 第4節 研究過程の提示と研究協力者の実名使用の意義

 第5節  総括:実態・実践・情報発信を一体とした支援モデルの提案,および生(ライフ)の厚い記述に向けて

日? 友郎[ヒダカ トモオ]
著・文・その他

目次

第1章 神経難病者の在宅療養の発展とその問題点
第2章 難病者の生を捉えるための理論的・方法論的な基盤
第3章 本研究の目的
第4章 難病在宅療養のマイクロ・エスノグラフィー本研究のフィールド
第5章 研究1:在宅療養におけるALS患者のコミュニケーション支援の実際
第6章 研究2:ALS患者のリアルタイムコミュニケーション可能性の検討
第7章 研究3:病者の経験を伝えるためのコミュニケーションのあり方:ファシリテーション機能の解明
第8章 研究4:病者アドボカシー企画の運営と意義の変容過程:複線径路・等至性モデルによるALS患者参加型企画の分析
第9章 総合考察