最強の社会調査入門―これから質的調査をはじめる人のために

個数:
  • ポイントキャンペーン

最強の社会調査入門―これから質的調査をはじめる人のために

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784779510793
  • NDC分類 361.9
  • Cコード C1036

内容説明

社会調査は面白い!「聞いてみる」「やってみる」「行ってみる」「読んでみる」ことからはじまる社会調査の極意を、失敗経験も含めて、16人の社会学者がお教えします。

目次

第1部 聞いてみる(昔の(盛ってる)話を聞きにいく―よく知っている人の体験談を調査するときは
仲間内の「あるある」を聞きにいく―個人的な経験から社会調査を始める方法
私のインタビュー戦略―現在の生活を理解するインタビュー調査
キーパーソンを見つける―どうやって雪だるまを転がすか)
第2部 やってみる(「わたし」を書く―障害者の介助を「やってみる」;「ホステス」をやってみた―コウモリ的フィールドワーカーのススメ;“失敗”にまなぶ、“失敗”をまなぶ―調査前日、眠れない夜のために;暴走族のパシリになる―「分厚い記述」から「隙のある調査者による記述」へ)
第3部 行ってみる(フィールドノートをとる―記録すること、省略すること;学校の中の調査者―問い合わせから学校の中ですごすまで;好きなもの研究の方法―あるいは問いの立て方、磨き方;刑務所で「ブルー」になる―「不自由」なフィールドワークは「不可能」ではない;仕事場のやり取りを見る―「いつもこんなかんじでやっている」と「いつもと違う」)
第4部 読んでみる(「ほとんど全部」読む―メディア資料を「ちゃんと」選び、分析する;判決文を「読む」―「素人でいる」ことから始める社会調査;読む経験を「読む」―社会学者の自明性を疑う調査の方法)

著者等紹介

前田拓也[マエダタクヤ]
1978年生まれ。関西学院大学大学院社会学研究科単位取得退学。現在、神戸学院大学現代社会学部准教授。福祉社会学、障害学専攻

秋谷直矩[アキヤナオノリ]
1982年生まれ。埼玉大学大学院理工学研究科理工学専攻博士後期課程修了。現在、山口大学国際総合科学部助教。エスノメソドロジー・会話分析専攻

朴沙羅[パクサラ]
1984年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学。現在、立命館大学国際関係学部准教授。移民・エスニシティ研究

木下衆[キノシタシュウ]
1986年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学。現在、日本学術振興会特別研究員(PD)。医療社会学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「聞いてみる」「やってみる」「行ってみる」「読んでみる」ことから始まる社会調査の極意を、16人の社会学者がお教えします。

はじめに――この本を手に取ってくれた方へ



第?部 聞いてみる



 1 昔の(盛ってる)話を聞きにいく――――――――朴 沙羅         

     よく知っている人の体験談を調査するときは



 2 仲間内の「あるある」を聞きにいく―――――――矢吹康夫

     個人的な経験から社会調査を始める方法



 3 私のインタビュー戦略―――――――デブナール・ミロシュ

     現在の生活を理解するインタビュー調査



 4 キーパーソンを見つける――――――――――――鶴田幸恵

     どうやって雪だるまを転がすか



第?部 やってみる

 

 5 「わたし」を書く―――――――――――――――前田拓也

     障害者の介助を「やってみる」



 6 「ホステス」をやってみた――――――――――松田さおり

     コウモリ的フィールドワーカーのススメ



 7 にまなぶ、をまなぶ――――――――有本尚央

     調査前日、眠れない夜のために



 8 暴走族のパシリになる―――――――――――――打越正行

     「分厚い記述」から「隙のある調査者による記述」へ



第?部 行ってみる



 9 フィールドノートをとる――――――――――――木下 衆

     記録すること、省略すること



 10 学校の中の調査者―――――――――――――――團 康晃

     問い合わせから学校の中ですごすまで



 11 好きなもの研究の方法―――――――――――――東 園子

     あるいは問いの立て方、磨き方



 12 刑務所で「ブルー」になる―――――――――――平井秀幸

     「不自由」なフィールドワークは「不可能」ではない



 13 仕事場のやり取りを見る――――――――――――秋谷直矩

     「いつもこんなかんじでやっている」と「いつもと違う」



第?部 読んでみる



 14 「ほとんど全部」を読む――――――――――――牧野智和

     メディア資料を「ちゃんと」選び、分析する



 15 判決文を「読む」―――――――――――――――小宮友根

     「素人でいる」ことから始める社会調査



 16 読む経験を「読む」―――――――――――――酒井信一郎

     社会学者の自明性を疑う調査の方法



おわりに――社会学をするってどういうこと?



索引 

前田 拓也[マエダ タクヤ]
関西学院大学大学院社会学研究科単位取得退学。現在、神戸学院大学現代社会学部准教授。福祉社会学、障害学専攻。『介助現場の社会学』(生活書院、2009年)、ほか。

秋谷 直矩[アキヤ ナオノリ]
埼玉大学大学院理工学研究科理工学専攻博士後期課程修了。現在、山口大学国際総合科学部助教。エスノメソドロジー・会話分析専攻専攻。『ワークプレイス・スタディーズ――働くことのエスノメソドロジー』(編著、ハーベスト社、近刊)、『フィールドワークと映像実践――研究のためのビデオ撮影入門』(共著、ハーベスト社、2013年)、ほか。

朴 沙羅[パク サラ]
京都大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学。現在、立命館大学国際関係学部准教授。移民・エスニシティ研究専攻。『オーラルヒストリーとは何か』(翻訳、水声社、2016年)、ほか。

木下 衆[キノシタ シュウ]
京都大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学。現在、日本学術振興会特別研究員(PD)。医療社会学専攻。『方法としての構築主義』(分担執筆、勁草書房、2013年)、『研究道――学的研究の道案内』(分担執筆、東信堂、2013年)、ほか。