同化と他者化―戦後沖縄の本土就職者たち

個数:

同化と他者化―戦後沖縄の本土就職者たち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月06日 06時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 448p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784779507236
  • NDC分類 366.219
  • Cコード C1036

内容説明

復帰前、「祖国」へのあこがれと希望を胸に、本土へ渡った膨大な数の沖縄の若者たち。しかしそれは壮大な「沖縄への帰還」の旅でもあった―。

目次

序章 オキナワから来た少年
第1章 戦後沖縄の経済成長と労働力流出
第2章 本土就職者たちの生活史
第3章 ノスタルジックな語り
第4章 本土就職とはなにか
結論 同化と他者化

著者等紹介

岸政彦[キシマサヒコ]
龍谷大学社会学部准教授。1967年生まれ。関西大学社会学部卒業、大阪市立大学大学院文学研究科単位取得退学。博士(文学)。2006年より龍谷大学社会学部教員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

二人娘の父

6
自分が生きている社会、あるいはその社会をつくった歴史を捉えたい。私が社会学に興味を引かれるのは、その点に尽きる。著者はその際の方法論の1つとして「質的調査」を選択する。その方法提示の実例としての沖縄である。この調査を通じて私たちが到達するのは、沖縄の「日本化=同化」は必要なのかという点にある。それは沖縄側からも、また大和側からも問われるべき視点である。他の調査や著書と併せて、私はこの問いに向き合い続けたい。2021/05/22

よきし

5
非常にいろいろ考えさせられた一冊。マイノリティであるということを日々つきつけられ続けることによって、両想いの高い同化圧力の中でも、他者化が進行していくという考え方自体にはっとさせられ、得ることの多い一冊でした。2015/02/13

toiwata

4
小説のような文体で書かれた戦後。そして戦後は終わらない。2018/03/17

roron

3
生活史における「定型的な語り」は、権力や運動体から押し付けられていなくとも、個人が語る多様な話の中に共通して埋め込まれている。本土就職後にUターンした沖縄の人々の語りにも、憧れの都会生活を楽しみつつも沖縄の良さに気付き、帰ってきたというノスタルジックな定型がある。善意に基づいた本土への同化圧力が、沖縄人としてのアイデンティティを呼び起こし、沖縄に戻りたくなる。結果、同化は他者化を促す。主体と構造の間を行ったり来たりする感覚が印象深い一冊。2022/01/23

おっきぃ

1
我々が沖縄に特別なものを感じて、日本だけど日本じゃないイメージを持つ理由の一つに、戦後の本土就職のやり方があったのだろうか。もっと違う仕方でお互いに融合することができるなら、沖縄的なものが日本的なものに溶けてその一部になることもあったのか。他所の国の侵略の歴史と比較してみたい気がする。 生活史の語りは面白くて事情は人の数だけあると知らされる一方、同じような語りもある。それが何に由来するのか、膨大なデータと資料と先行研究を駆使しながら理論を構築するという岸先生の仕事の仕方を知ることができた。2021/08/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6403167

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。