トランスナショナル・フィリピン人の民族誌

個数:
  • ポイントキャンペーン

トランスナショナル・フィリピン人の民族誌

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 215p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784779505294
  • NDC分類 334.41
  • Cコード C3036

内容説明

国境を越えるフィリピン人たちの日常と「戦術」をみる。国境を越えて広がるネットワークのなかで多様な背景をもつフィリピン人たちは、様々な問題にどのように向き合い日常を生きているのか―個人を中心とする民族誌の実践。

目次

序章 国境を越えて広がるネットワーク
第1章 トランスナショナル・フィリピン人と係わる人類学的な実践
第2章 80年代に来日したフィリピン人女性による日常の「戦術」
第3章 グローバライゼーションの中の生活実践―マニラ首都圏の「日本人コミュニティ」で暮らす
第4章 拡大するマニラ首都圏の日本人コミュニティ―棲み分けと日本への新たな移動
第5章 越境し続けるネットワーク―新しい世代のトランスナショナル・フィリピン人たち
終章 人類学者が「日常的な調査」を実践し、「戦術」に関与する

著者等紹介

永田貴聖[ナガタアツマサ]
1974年生。現在、立命館大学大学院先端総合学術研究科・研究指導助手/神戸市外国語大学他、非常勤講師。専門はトランスナショナル人類学、社会学、マイグレーション・スタディーズ。1997年3月京都学園大学法学部卒業。2008年3月立命館大学大学院博士課程修了(博士・学術)。2007年4月~翌年3月、日本学術振興会特別研究員DC。2008年4月~翌年3月、日本学術振興会特別研究員PD(京都大学社会学研究室)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。