現代社会論のキーワード―冷戦後世界を読み解く

個数:

現代社会論のキーワード―冷戦後世界を読み解く

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 352p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784779503603
  • NDC分類 304
  • Cコード C0030

内容説明

新自由主義、ナショナリズムからマスメディア、環境問題まで、現代社会を読み解くために不可欠の15のキーワード。

目次

第1部 変貌する思想潮流
第2部 国際政治の変容
第3部 新技術が変える社会
第4部 制度改革のゆくえ
第5部 文明史的課題
現代社会論の課題

著者等紹介

佐伯啓思[サエキケイシ]
1949年奈良生まれ。東京大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科博士課程単位取得。現代社会論専攻。滋賀大学経済学部助教授等を経て、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。雑誌『表現者』顧問、『京の発言』主幹

柴山桂太[シバヤマケイタ]
1974年東京生まれ。京都大学経済学部卒業、同大学院人間・環境学研究科博士課程単位取得退学。現代社会論・思想史専攻。現在、滋賀大学経済学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

現代を考えるために不可欠の15のキーワード。

9.11 とその後のアメリカの一連の戦争、そして世界経済を揺るがす金融危機は、冷戦後に成立したかに見えた世界秩序を大きく揺るがしている。今後、世界は、そして日本はどのような方向に向かうのか。それを考えるためには、90年代以降、現代社会において何が問題になってきたのかを、あらためて問い直す必要があるだろう。新自由主義、ナショナリズムから金融革命、原理主義、環境問題まで、90年代以降の現代社会を考えるうえで不可欠でありながらも、その用法に混乱のみられる15のキーワードを厳選して初学者向けに解説。日本と世界がおかれた状況を理解し、現代社会の課題に応えるための明確な視座を提供する恰好のガイドブック登場!