公共性の法哲学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 396p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784779501142
  • NDC分類 321.1
  • Cコード C3032

目次

第1部 公共性とは何か―多元的世界における公共性概念の再定位(公共性とは何か;公共性のテスト 普遍化可能性から公開可能性へ;討議は何故必要か?公共性と解釈的実践 ほか)
第2部 法の公共性―法概念論と法実践論の転換(公共性の母胎(マトリクス)と革命的法創造
立法過程における党派性と公共性
民主的公共性における世論・運動・制度の役割 ほか)
第3部 法における公共性―法価値論の脱構築と再構築(“性”の公共性 法における社会改革の位置づけ;教育・子育ての私事性と公共性 権利概念の関係論的再編;シティズンシップ概念の再編と公共性 外国人の参政権問題を手掛かりに ほか)

著者等紹介

井上達夫[イノウエタツオ]
1954年生まれ。1977年、東京大学法学部卒業。東京大学大学院法学政治学研究科教授(法哲学専攻)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。