デジタルメディアの社会学―問題を発見し、可能性を探る (第3版)

個数:

デジタルメディアの社会学―問題を発見し、可能性を探る (第3版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月26日 12時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 226p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784779305559
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C3036

目次

環境化するデジタルメディア
第1部 問題を発見する(ウェブは本当に情報の大海か;ネットは自由な空間か管理された箱庭か;ケータイは友人関係を広げたか;ゲームでどこまで恋愛できるか ほか)
第2部 可能性を探る(オンラインで連帯する;「つながり」で社会を動かす;ケータイで都市に関わる;リアルタイムにウェブを生きる ほか)
メディア・リテラシーの新展開

著者等紹介

土橋臣吾[ドバシシンゴ]
法政大学社会学部准教授。専攻はメディア論

南田勝也[ミナミダカツヤ]
武蔵大学社会学部教授。専攻は音楽社会学

辻泉[ツジイズミ]
中央大学文学部教授。専攻はメディア論、文化社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。