環境になったメディア―マスメディアは社会をどう変えているか (改訂版)

個数:

環境になったメディア―マスメディアは社会をどう変えているか (改訂版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 183p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784779301490
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C3036

目次

コミュニケーションとは―人間生活における会話
メディアの発達とパーソナル・コミュニケーション
マス・コミュニケーションの時代
人間環境とマスメディア
ジャーナリズムの成立
マスメディアの論理
マスメディアと時間感覚
マスメディアは人間の生活を変えた
メディア享受空間の変化
オーディオ・ビジュアルな時代のはじまりと大衆文化
放送の日常化と同時体験の時代
心理戦争がはじまった
広告の時代
テレビが政治手法を変えた
高度情報社会に生きる人間

著者等紹介

藤竹暁[フジタケアキラ]
1933年東京に生まれる。1955年学習院大学政経学部卒業。1962年東京大学大学院社会学専門課程博士課程修了、日本放送協会入社(放送文化研究所に配属)。1984年日本放送協会退社(NHK総合放送文化研究所主任研究員)、学習院大学法学部教授、浜松学院大学現代コミュニケーション学部教授。現在、社会学博士、学習院大学名誉教授。専攻はメディアの社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。