“二人のプリンス”と中国共産党―張作霖の直系孫が語る天皇裕仁・張学良・習近平

個数:
  • ポイントキャンペーン

“二人のプリンス”と中国共産党―張作霖の直系孫が語る天皇裕仁・張学良・習近平

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月27日 13時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 311p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784779121890
  • NDC分類 319.22
  • Cコード C0030

内容説明

歴史から“消された”かに見えた張作霖一族の直系孫として、西安事変を主導した張学良の足跡を甦らせ、日中関係の底流にある複雑な友好と憎悪の錯綜する歴史の深層を描く。

目次

日中和解と平和へのひたむきな願い
張作霖暗殺に激怒した天皇裕仁の想い
「抗日」を大義に蘇った張学良少師
平和憲法制定にイニシアチブを発揮した昭和天皇
習近平と安倍晋三の遠くて近い関係
ユーラシア大陸の新勢力図:「ドイツ帝国」vsロシア…中国
中国が米国を追い抜くワケ
「米中新型大国関係」は歴史の一プロセス
習近平主席と平成天皇の静謐な対話―刻まれた戦争体験
「習近平暗殺計画」説の深層
エピローグ―張四代の系譜と夢

著者等紹介

河信基[ハシンギ]
1971年中央大学法学部卒業。朝鮮新報記者、朝鮮大学経営学部主任教授(講座長)を経て評論活動に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。