明治の精神 持田巽の生涯

個数:

明治の精神 持田巽の生涯

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月24日 15時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 233p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784779118517
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0023

内容説明

明治末、富士紡績小山工場に設計・建設した水力発電システムは、一企業を越えて日本の紡績産業を躍進させた画期的なものだった。技術者として、財界人として、一家の長として、明治から昭和を生きた一人の男の生涯を通じて浮かび上がる、かつての日本の姿。

目次

第1章 笈を負って(明治元~三〇年頃)
第2章 紡績産業へ(明治三〇~四〇年頃)
第3章 芝高輪南町に住む(明治三八~大正七年頃)
第4章 労働争議の矢面に立つ(大正二~昭和五年)
第5章 関東大震災を乗り越えて(大正七~昭和九年頃)
第6章 辰弥の死(昭和九~一〇年)
第7章 晩年(昭和一一~一八年)

著者等紹介

持田季未子[モチダキミコ]
1947年東京都生まれ。1980年東京大学大学院人文科学研究科比較文学比較文化博士課程修了。東京造形大学教授を経て、大妻女子大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。