洋画家たちの東京

個数:

洋画家たちの東京

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年01月21日 12時29分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 335p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784779116315
  • NDC分類 723.1
  • Cコード C0070

内容説明

明治・大正・昭和と、洋画文化の先端を独占した東京は、才能ある多くの若者を引き寄せた。青木繁、荻原守衛、中村彝、村山槐多、関根正二、長谷川利行、靉光、松本竣介…彼らは東京にどのような夢を抱き、どのような東京を生きたのか。日本近代絵画の裏面を渉猟し、悲運の天才画家たちが命がけで描こうとした夢と現実に迫る。

目次

1 青木繁の上京・哲学館裏の梟・団子坂と藍染川・ステッキと靴・太田の森の美神
2 残された者たち・根岸田園・軍服の審美学者・曙町の松・目眩のする散歩
3 ハリボテ美術館・郊外角筈・パトロン登場・赤いベルギー瓦・戸山ヶ原遠景
4 画廊誕生・漱石が絵を買う・改良住宅・二科動乱・浅井忠の券売係
5 模倣と剽窃・自己とは何か・神童たち・藍染川ふたたび・鴎外が坂を上る
6 デパートの洋画展・覇者の驕り・浅草のなかにある永遠・美術館建設
7 離合集散・画商商売・故郷喪失者の東京・自画像の歪み・山手線にて

著者等紹介

近藤祐[コンドウユウ]
1958年東京・代々木生まれ。一級建築士。慶應義塾大学経済学部卒業。アパレル企業に勤務後、建築事務所を経て独立。現在、東京・神楽坂にて建築デザイン事務所を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。