切手紀行シリーズ<br> マカオ紀行―世界遺産と歴史を歩く

個数:

切手紀行シリーズ
マカオ紀行―世界遺産と歴史を歩く

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 198p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784779115813
  • NDC分類 292.238
  • Cコード C0026

内容説明

歴史歩きの達人“郵便学者”が案内。30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版。

目次

1 世界遺産を歩く(媽閣廟とマカオ半島南端;ペンニャの丘に登る;風順堂街と崗頂前地;セナド広場;聖ドミニコ教会と大堂;新馬路を歩く;聖ポール天主堂跡;花王堂からギア燈台へ)
2 出入境を愉しむ(珠海で海珠〓(ひ)酒を)
3 離島区歴史散歩(タイパ・コロアネ周郵記)

著者等紹介

内藤陽介[ナイトウヨウスケ]
1967年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。郵便学者。日本文芸家協会会員。フジインターナショナルミント株式会社・顧問。切手等の郵便資料から国家や地域のあり方を読み解く「郵便学」を提唱し研究・著作活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

OKKO (o▽n)v  終活中

8
初登録だが再読。ちょっと行き詰ってガーッと読み返す。著者は郵便の研究者で、マカオのさまざまな建造物や出来事についての歴史的解説の後、それぞれがデザインされた切手を紹介するスタイル。2010年出版なのでマカオの現状とそうかけ離れていない記述は大いに参考になる。残念なのは参考文献に専門書がほぼないこと。もそっとあれば私も研究の参考文献としてもっと華々しく引用しやすいのに……他にない内容が書かれているので残念!! ◆そもそもこの表紙の《天后聖母》に引っかかったとこから、私の苦難の研究が始まったのさw恨むぜww2018/08/22

アルクシ・ガイ

4
切手で知ろうシリーズとは知らずに借りた。主に写真を楽しむ。それでも鳩料理たべたいなあとか、そうか、バカリャウはコロッケが一番美味いのかとか、そのへんはしっかり頭に入る。香港は最近よくニュースでみるが、マカオはどうなっているのだろう。2020/09/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1180245

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。