• ポイントキャンペーン

見えない世界を科学する―科学が解き明かす人類究極の謎

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 368p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784779110900
  • NDC分類 404
  • Cコード C0010

内容説明

人はなぜ生まれ、なぜ生き、なぜ死ななければならないのか?死後の世界はあるのかないのか?あるとすれば、生の世界と死後の世界はどちらが虚像で、どちらが実像なのか?誰も見ていない月(万物)は存在せず、見たときはじめて存在するのはなぜか?人間にとって、なぜあの世が宿命で、この世が運命に映るのか?祈りは願いを実現するのかしないのか?本書はそれら「人類究極の謎」を最先端科学の量子論や形態共鳴論によって解き明かす。

目次

序論―本書の目的
第1部 生と死
第2部 生命とは
第3部 心とは
第4部 量子論の世界
第5部 形態共鳴論の世界―形態形成場の理論
第6部 見える世界と見えない世界の統合―対立世界の統合から人類究極の謎を解く

著者等紹介

岸根卓郎[キシネタクロウ]
京都大学教授を経て、京都大学名誉教授、南京経済大学名誉教授、元佛教大学教授、元南京大學客員教授、The global Peace University名誉教授・理事、文明塾「逍遙楼」塾長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。