なぜうつ病の人が増えたのか

個数:

なぜうつ病の人が増えたのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月04日 00時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784779004537
  • NDC分類 493.76
  • Cコード C0095

内容説明

うつ病になるのはあなたのせいではない。これはつくられた「病い」だった―。薬と休養を勧めるだけのうつ病対策では不十分。現役精神科医が、うつ病診療の問題点と解決策を書き尽くす。

目次

第1章 うつ病患者が増えている
第2章 なぜ1999年からうつ病患者が増えたのか
第3章 なぜ「SSRI現象」は起きるのか
第4章 「SSRI現象」によるうつ病診療への影響
第5章 抗うつ薬の有効性について
第6章 増え続けるメンタル休職への取り組み

著者等紹介

冨高辰一郎[トミタカシンイチロウ]
1963年大分県生まれ。九州大学医学部卒。内科研修後、東京女子医大病院精神科にて精神科研修。日本学術振興会在外特別研究員としてカリフォルニア大学サンフランシスコ校にて薬理研究。精神科病院勤務、東京女子医科大学精神科講師を経て、現在パナソニック健康保険組合東京健康管理センターメンタルヘルス科部長。専門は、産業精神医学、精神薬理、性格学、医療情報(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

okanotomokazu

6
うつ病になる人が急速に増えている。世の中には重度のうつ病の人もいることは分かっているが、軽度のうつ病の人と会うと、どうしても「病は気から」という言葉を思い出してしまう。 しかし、本書を読むと、この感覚があながち間違ったものではなかったことがわかる。 なぜなら、いまのうつ病ブームには仕掛け人がいるからだ。その仕掛け人とは製薬会社。SSRIという抗うつ薬を売るために莫大な費用をかけてキャンペーンを行う。このキャンペーンは医者や官庁をも巻き込み、知らず知らずのうちに私たちの認識を変えてしまう。 2012/04/11

Noriko Ishii

3
製薬会社によるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の啓発活動で軽症のうつ病受診者が増大.軽症うつ病には薬はあまり効かない.うつ病の治療にはリハビリが大事.など驚くことがたくさんありました。2013/09/29

こたちゅう

2
身近な問題なので、余計ショックを受けた。そうか、薬を飲んでも病気が治らないかもしれないのか。本当は薬を飲まなくても治るものなのか。しかし、苦しいことには変わりななく、じゃあどうすればいいのか、という気になる。認知療法や臨床心理士と言われても身近に無いし。今ひとつ救いはないものの、書かれている内容は斬新で、データに基づいたものであり、両著だと思う。もっと注目されるべき本。2012/08/18

mimi

2
SSRIが認可された1999年を境に、うつ病の人が急増した。先進各国でも、SSRIが認可されたのを境に同様の現象がおきている。薬価の高く収益の柱になる薬を大々的にプロモーションしたのが原因ではないか。受診者が増えるのは急性期の治療にはよいと評価できるが、現状回復期の患者のサポートが回っておらず患者が増える一方になっている。2011/06/08

コジターレ

1
読メ登録前に読了。結構衝撃的なデータもあり、大変興味深い。うつ病について関心がある人は読む価値あり。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/230339

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。