マルクスの使いみち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784778310103
  • NDC分類 331.6
  • Cコード C0030

内容説明

人文系ヘタレ中流インテリのためのマルクス再入門。

目次

はじめに(稲葉振一郎)
第1章 『解体と再生』その後
第2章 搾取と不平等
第3章 公正と正義
『たたかいの朝』(吉原直毅)
地上の自由へ―名だたるものを追って、氷ばかりつかんで(松尾匡)
あとがきにかえて―それでは、ケインジアン(そしてマネタリスト)とは何か?(稲葉振一郎)

著者等紹介

稲葉振一郎[イナバシンイチロウ]
1963年東京都生まれ。一橋大学社会学部卒業。東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。岡山大学経済学部助教授、モナシュ大学日本研究センター客員研究員などを経て、明治学院大学社会学部教授(社会倫理学)

松尾匡[マツオタダス]
1964年石川県生まれ。金沢大学経済学部卒業。神戸大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。久留米大学経済学部教授(理論経済学)

吉原直毅[ヨシハラナオキ]
1967年新潟県生まれ。北海道大学経済学部卒業。一橋大学大学院経済学研究科博士課程修了(博士:経済学)。大阪大学社会経済研究所助手、北海道大学大学院経済学研究科助教授、イェール大学政治学部客員研究員などを経て、一橋大学経済研究所助教授(理論経済学、厚生経済学、数理マルクス経済学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

資本本主義、グローバリズム、市場原理主義、マルクス主義、下流社会……。このなかに嫌いなものがあれば、ぜひマルクスをお使いください。
マルクス主義の資本主義批判に何らかの意義、正しさのあることを直観しながら、他方において知的体系としてのマルクス主義の正統性喪失に途方にくれている人々に、新しいマルクスの使いみちを提案する、人文系へタレ中流インテリのためのマルクス再入門。