頭を「からっぽ」にするレッスン―10分間瞑想でマインドフルに生きる

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

頭を「からっぽ」にするレッスン―10分間瞑想でマインドフルに生きる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月07日 16時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 256p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784777826704
  • NDC分類 498.39
  • Cコード C0098

内容説明

瞑想は、心のエクササイズ、よりよく生きるためのツールです。ビル・ゲイツが選んだ、読みながら実践できるマインドフルネス入門の決定版。

目次

第1章 まずは「からっぽ」を知るために
第2章 10分間瞑想をはじめる前に
第3章 10分間瞑想をはじめてみましょう
第4章 「10分間瞑想」を日常にするためのヒント
第5章 マインドフルネスの極意
第6章 日々をマインドフルに過ごすために
第7章 マインドフルネスのキーワード
第8章 マインドフルネスで人生を好転させた体験談
付録 科学が証明するマインドフルネスの効果

著者等紹介

プディコム,アンディ[プディコム,アンディ] [Puddicombe,Andy]
イギリス保健医療委員会公認の臨床瞑想コンサルタント。元仏僧。大学在学中に僧を志しアジアに旅立つ。世界各地の寺院や僧院で修行を積んだのち、チベットの僧院で正式な仏僧となるが、2004年にイギリスに帰国。その後、瞑想普及のための団体“ヘッドスペース”を創設。「瞑想を誰にとっても身近なものにし、なるべく多くの人に瞑想にしたしんでもらいたい」との理念をもち活動に励んでいる。『頭を「からっぽ」にするレッスン―10分間瞑想でマインドフルに生きる』はビル・ゲイツが2018年につづき、2020年も読んでおくべき1冊として推薦、世界各国で刊行されベスト&ロングセラーとなっている

満園真木[ミツゾノマキ]
翻訳家。青山学院大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よしたけ

55
マインドフルネス本の中で最も分かりやすく腑に落ちた。著名人推薦も納得。毎朝10分のマインドフルネスで日々の雑念をリセットしよう、が主張だが、技術面だけでなく、マインドフルネスをする理由、雑念が消せない際の対処法など、気になる疑問への筆者意見が示される(コメント欄の文章抜粋参考)。興味深いのは、マインドフルネスはいつでもできると言うこと。歩きながら、食事をしながら、筆者が最も勧めるのは歯磨きをしながら。基本は「今ここにあること」に意識を向けて日常の雑念から距離を置くことであるから、時や場所は選ばないのだ。2022/01/10

TomohikoYoshida

18
樺沢紫苑の本に、健康のためには「睡眠・運動・朝散歩」が必要だと書いてあった。そこで、運動(ごく軽い筋トレ)と朝散歩を始めた。筋力がないので、ちょっとした筋トレも結構大変だ。だが、筋力を強化するほかに、大きなメリットがあった。大変なので必死になり、余計なことを一切考えない、そのため十分な気分転換になるのだ。そこで、休憩のたびに腕立てやプランクをしているのだが、筋トレ以外でも、「余計なことを考えないようにするにはどうしたらよいか」と考えた。その結果、書店で散々吟味して購入したのがこの本である。答えは瞑想だ。2020/11/14

a*u*a*i*n34

16
ビル・ゲイツも絶賛したとかしないとか。この手の本はとかく宗教的だったりスピリチュアルに寄っていたりして敬遠されますが、本書は実践的なアプローチ多くためになりました。タイトルに矛盾する気もしますが、瞑想≠頭を無にする、という解説はなるほどと。ただ、個人的には瞑想するとかならず寝てしまうと言う。。。2021/07/06

haruka★

13
Netflixやアプリの"ヘッドスペース"のアンディによる瞑想本。今まで瞑想は雑念NGだと思っていた。でも封じるのでなく、眺めるのが正しい。雨雲や嵐の上空には必ず青空があり、それが心だから。嵐ってきっとホルモンや感情の暴走だよね。それなら瞑想には犯罪抑制効果があるはず。"悲しみはどこにある?"の例えもとても腑に落ちた。ちょっと瞑想が分かった(寝てしまうけど…)。Netflixのはうちの小学生の子でも楽しめるゲームみたいな作り。こんな風にポップに瞑想を広め、スピリチュアルイメージを払拭した彼の功績はすごい。2022/01/18

Hiroo Shimoda

11
マインドフルネスの本の中で、運動で集中するコツを見つけられるとは思わなかった。足裏が地面を蹴るリズムにフォーカスするのは試してみたい。2022/04/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16432052

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。