能の絵本<br> 隅田川―愛しいわが子をたずねて

個数:

能の絵本
隅田川―愛しいわが子をたずねて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月22日 17時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 28cm
  • 商品コード 9784776401865
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

内容説明

さらわれたわが子をさがし、たったひとり旅立つ母。武蔵野を流れる隅田川で待ちうけていたものは……。わが子を求める母の、強い愛情を描いた能「隅田川」の物語。

著者等紹介

片山清司[カタヤマキヨシ]
観世流能楽師。1964年、京都府生まれ。父は九世片山九郎右衛門(人間国宝)、祖母に故四世井上八千代、姉は五世井上八千代といった能と京舞の芸能の家に育つ。幼少から父に、長じて故八世観世銕乃亟に師事。5歳で初舞台以来、全国にて様々な演能活動を行う。最近では舞台制作や海外公演のプロデュースも手がける。平成8年度京都府文化賞奨励賞、平成14年度京都市芸術新人賞、平成15年度文化庁芸術祭新人賞を受賞

小田切恵子[オダギリケイコ]
日本画家。東京都生まれ。女子美術大学芸術学部絵画学科卒業。日本美術院院友。森田曠平、伊藤髟耳に師事。日本画の伝統をふまえながら今日的画風を持ち、さまざまな場で活躍。院展16回入選、春の院展15回入選(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

26
地元がタイトルのお話ですが、非常に京都文化に包まれていますよね。能もこれはまだ見たことがないんだよな~。能は仏によって救われる、成仏な結末が多いけれどこのお話はとことん辛いです。子を奪われた親の無力感は、親になるとさらに胸を打ちました。2018/12/05

ごへいもち

19
読友さん御紹介本。どんなにか哀しかっただろう。絵本の中の周囲の人々が優しいのが救い2019/05/07

ヒラP@ehon.gohon

18
人さらいに連れ去られた我が子を探し歩く、狂気にも似た母親の思いが、とても切なく感じられました。 子のためならば何でもできる、母の気丈ですが、何ともやるせない結末です。 能の世界を絵本に仕立てた物語ですが、内容の深みを崩さず、演じきっている小田切さんの絵に、儚さと雅を感じました。2019/05/12

pino

17
能「隅田川」の絵本版。幼な子、梅若丸をさらわれた母が行方をさがし、旅に出る。都から東国まで、我が子に会いたい一心で歯をくいしばり、ひたすら歩き続ける。着物も擦り切れ、悲しみが顔にしわを刻み、人々から、もの狂いとよばれるほど、必死の形相であった。ようやく辿りついた、隅田川の岸で聞いた我が子の悲劇。母の思いに一瞬、姿を現す梅若丸だったが。物語は余韻を残すことなく、ぷつりと終わる。残された母と読み手の悲しみが空間を彷徨うばかりである。絵は母の感情の枠を超えないように描かれる。添えられた草木や動物が優しく美しい。2012/04/19

14
愛しい我が子の身に何かあったらと、考えたことのない母親はいないだろう。そしてそのこと以上に、考えたくもない惨事はない。いっそ本当に狂えたなら楽になれるのかもしれない、けれど梅若丸の母は違った。舟頭の戯れに即興で見事な歌を返すほど冴えていた、彼女の目を思うとやるせない。添えられた画がまた素晴らしく、悲しみにやつれた面ざしとそこに宿る一筋の望み、そのアンバランスな美しさが強く胸に残る。物語の後の世で、女物狂いは本物の狂女となれたのか。いややはり、彼女は最期まで正気のまま息子の菩提を弔ったのだろう。2019/01/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/378716

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。