『陸軍登戸研究所』を撮る

個数:

『陸軍登戸研究所』を撮る

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月19日 14時23分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784776300618
  • NDC分類 391.6
  • Cコード C0021

内容説明

秘密戦・謀略戦の資材開発に没頭した謎の基地。映像で追及した人間ドラマを活字で再現。

目次

第1章 私の任務は殺人光線の開発
第2章 毒物研究と生体実験
第3章 謀略兵器と中野学校
第4章 僕は風船爆弾を飛ばした
第5章 少女たちの風船爆弾
第6章 大津、勿来基地の部隊
第7章 ニセ札製造・対中国経済謀略
第8章 杉工作と中野学校
第9章 敗戦を迎えて
第10章 スクリーンがつなぐ新証言

著者等紹介

楠山忠之[クスヤマタダユキ]
映像ジャーナリスト。1939年東京生まれ。上智大学文学部卒業後、報知新聞社写真部を経て、69年にフリーとして独立。沖縄復帰およびベトナム戦争最後の「サイゴン解放」を「現場」から報道。国内およびアジアに視点を据えて、「写真と文」あるいは映画製作で現地の声を伝えてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぴーたん

3
仕事で見学に行ったので参考に。一昨年位に上映された映画のメイキング。見たいと思ったけど行けなかったので残念。いつか見たい。高校生が聞き取りを始めたことで口をつぐんでいた研究者が全貌を話してくれたというのがいつ聞いてもスゴい。そういう実践は、今はもう厳しいんだろうな~。2014/08/06

mj

1
その当時、こうすれば大事な人を護ることができるとか、ここで努力すれば食べてゆけると思って、それこそ前向きに生きていた。しかし、年が経てば、予備知識すらないインタビュアーから謝罪っぽい言葉を言うようにそれとなく要求される。時代だと思って諦めるしかないのかな。2014/08/02

小出享一

1
陸軍登戸研究所のドキュメント映画を観て、映画館でこの本を買い、舞台挨拶に来演された楠山監督にもサインをして貰った。映画でわかりづらかったところが、この本を読むことによってよく理解出来た。2014/06/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8099862
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。