日常と歴史―アメリカ文学研究と日本文学評論

個数:

日常と歴史―アメリカ文学研究と日本文学評論

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 348p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784775401439
  • NDC分類 930.29
  • Cコード C3098

内容説明

第2次世界大戦の終結から60年が経過した今、1970年代、80年代の日本におけるアメリカ文学研究と国文学評論の関係性を見つめ直し、現代文学、そしてその研究と評論のあり方を考える!フォークナー、メルヴィル、ヘンリー・ミラーにマラマッド、井上光晴、小川国夫、大庭みな子、黒井千次、古井由吉、冥王まさ子、中上健次まで縦横無尽の作品論を収録。

目次

1 テキストとコンテキスト(シェイクスピア作『マクベス』;文化的無人地帯を穿つ―翻訳の創造的契機について ほか)
2 アメリカ的想像力あるいは創造力(南部文学のジレンマ―「アグレーリアン」運動から「南部文芸復興」へ;フォークナー研究ノート―若干の原型的なイメージについて ほか)
3 口承と音(口承ということ―私的感想として;ことばと音声、風景と絵画―漱石作『草枕』を再読しつつ)
4 日本文学―文体論と作品論(文体の有機性―受動と能動 古井由吉の内部;「陥ちる」モチーフについて―小川国夫『試みの岸』 ほか)
5 日本文学―文藝時評(“空白”を埋める文体とは―様々なバリエーション、例えば「語り」;方法としての“時間の遠近法”―始まり直さねばならぬ不可避な課題 ほか)

著者等紹介

大橋健三郎[オオハシケンザブロウ]
1919年、京都生まれ。東京大学名誉教授、鶴見大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。