F-Files<br> 図解 潜水艦

個数:

F-Files
図解 潜水艦

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月27日 04時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784775316207
  • NDC分類 556.97
  • Cコード C0056

出版社内容情報

★図解でわかる! 「鉄の鯨」の実態
現代において最強の軍艦といわれる潜水艦の存在意義、歴史、メカニズム、運用、戦術に加え、
乗組員の勤務体制や食事、養成までを詳しく図解します。

《本書の内容》

第1章●潜水艦の存在意義と歴史
潜水艦とは何か/黎明期の潜水艦/世界最速の潜水艦/潜水艦の寿命はどのくらいか/
主要国の潜水艦発展史/日本海軍最初の潜水艦部隊/世界で使われるベストセラー潜水艦 ほか

第2章●潜水艦のメカニズム
潜水艦の潜航深度はトップシークレット/潜水艦の動力/スクリューは効率と静粛性のせめぎ合い/
潜水艦の舵/潜行と浮上/潜水艦ならではのステルス機能の追求/潜水艦の建造方法 ほか

第3章●潜水艦の運用と戦術
どんな任務を遂行するのか/大戦期の潜水艦運/現代潜水艦の任務/大戦期の魚雷攻撃の実態/
潜水艦の航行と航法/潜水艦ならではの水中機動/潜水艦を発見するには/原子力潜水艦の事故 ほか

第4章●潜水艦のトリビア
サブマリナーの勤務/サブマリナーの食事/サブマリナーの養成/海上自衛隊でのサブマリナー養成/
第二次大戦の潜水空母「伊400」とは/陸軍が造った輸送潜水艦/回天とは/民間の潜水艇 ほか

高平 鳴海[タカヒラナルミ]
著・文・その他

野神 明人[ノガミアキト]
著・文・その他

米田 鷹雄[]
著・文・その他

福地 貴子[フクチタカコ]
イラスト

内容説明

現代において最強の軍艦といわれる潜水艦の存在意義、歴史、メカニズム、運用、戦術に加え、乗組員の勤務体制や食事、養成までを詳しく図解。

目次

第1章 潜水艦の存在意義と歴史(潜水艦とは何か;軍用潜水艦の種類 ほか)
第2章 潜水艦のメカニズム(船体はどんな構造なのか;時代とともに変化した船体形状 ほか)
第3章 潜水艦の運用と戦術(どんな任務を遂行するのか;大戦期の潜水艦運用 ほか)
第4章 潜水艦のトリビア(所属を変える潜水艦(売却と供与;拿捕や接収)
サブマリナーの勤務 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スプリント

6
欲を言えばもう少し居住空間について知りたかったです。機密情報で公開されていないのかもしれませんが。2018/12/22

yasu7777

2
★★★☆☆ 2019/03/23

Comics

1
最新の情報でアップデートされてます。ロシア??ボレイ型戦略弾道ミサイル潜水艦や、米国??コロンビア級戦略弾道ミサイル潜水艦・SWS浅海潜水艦はこの本で初めて知りました。、2019/01/27

Shinjuro Ogino

1
まあ面白かった。セイル(上に突き出た司令塔)の語源が帆船の帆とは意外。米国の次世代潜水艦「SWS」では無くなるとのこと。2018/12/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13201324

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。