サムライの筋肉が疼くスポーツ流鏑馬入門

個数:

サムライの筋肉が疼くスポーツ流鏑馬入門

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年08月21日 23時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 111p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784775314616
  • NDC分類 789.5
  • Cコード C0075

内容説明

流鏑馬は明日から始められるスポーツになった。弓道経験者、未経験者、誰にでもわかる騎射術。洋馬術の経験者と未経験者のための和式馬術入門。流鏑馬と和式馬術の歴史。

目次

第1部 騎射・疾走する馬上から矢を放つ(「スポーツ流鏑馬」の標準的な競技場―流鏑馬競技連盟の競技規定による流鏑馬競技場/上田信;騎乗での弓の引き方―打起し、引分け、会、残心で矢を射る;馬場本からの駈歩発進―馬の緊張を高め、抑え、一気に解き放つ ほか)
第2部 弓術・世界でもっとも長大な和弓を操る(流鏑馬のための弓射、全体の流れ―矢は常に水平に、弓の弦に対して直角になるよう心がける;弓の握り方「手の内」「取懸け」を知ろう―手の内の良し悪しで、矢の威力や直進性が決まる;弓を大きく押し開くための正面打起し―弓は体の正面へ、顔が弓の間に入る位置 ほか)
第3部 馬術・馬上武芸のために磨き抜かれた和式馬術(乗馬の前に、馬と心を通わせて信頼関係を築きあげる―馬は怖がらず、怖がらせず、だけど油断は禁物;馬は鐙で乗り、手綱でコントロールする―乗馬の基本はいかに正しく手綱を握り、鐙を踏むかである;馬への安全な乗り方、降り方―馬はいつ急に動くかもしれない。これを忘れないのが基本 ほか)

出版社内容情報



市村 弘[イチムラ ヒロシ]