世界名作劇場への旅

個数:

世界名作劇場への旅

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月24日 21時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 141p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784775312636
  • NDC分類 778.77
  • Cコード C0074

出版社内容情報

『フランダースの犬』『赤毛のアン』『小公女セーラ』……
懐かしの全26作品の舞台へ。世界を旅する究極の“聖地巡礼”本!

世界名作劇場の風景を求めて辿った25年、17カ国。
当時の制作スタッフの取材とロケハンの記録をもとに、
著者が旅した“世界名作劇場”をつづった究極のファンブック。
現地の写真とアニメーションの風景を比較したコーナーや、
名作の舞台、現地ガイドなどのコラム。
さらに、制作スタッフがロケーションハンティングを
した際に残した貴重なロケハン写真も多数掲載!

ネロとパトラッシュが歩く土手を辿った夏の日……
ラスカルの森でキャンプした夜、野生のアライグマと遭遇したこと……
“世界名作劇場”の風景は実在する!

フランダースの犬
母をたずねて三千里
あらいぐまラスカル
ペリーヌ物語
赤毛のアン
トム・ソーヤーの冒険
家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ
南の虹のルーシー
アルプス物語 わたしのアンネット
牧場の少女カトリ
小公女セーラ
愛少女ポリアンナ物語
愛の若草物語
小公子セディ
ピーターパンの冒険
私のあしながおじさん
トラップ一家物語
大草原の小さな天使 ブッシュベイビー
若草物語 ナンとジョー先生
七つの海のティコ
ロミオの青い空
名犬ラッシー
家なき子レミ
レ・ミゼラブル 少女コゼット
ポルフィの長い旅
こんにちは アン~Before Green Gables

●コラム
名作の舞台 アメリカ
名作の舞台 スイス
名作の舞台 ボストン・コンコード
名作の舞台 ロンドン
名作の舞台 パリ

内容説明

『フランダースの犬』『赤毛のアン』『小公女セーラ』…懐かしの全26作品の舞台へ!世界を旅する究極の“聖地巡礼”本。当時のロケハン写真も初公開!当時の制作スタッフへの取材と、ロケハンの記録をもとに、『世界名作劇場』の風景を求めて辿った25年、17カ国。

目次

アントワープまで13時間―1975・フランダースの犬
ツクマンまで24時間―1976・母をたずねて三千里
エジャトンまで14時間―1977・あらいぐまラスカル
フリュスクールまで17時間―1978・ペリーヌ物語
キャベンディッシュまで15時間―1979・赤毛のアン
ハンニバルまで15時間―1980・トム・ソーヤーの冒険
イルデパン島まで10時間―1981・家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ
アデレードまで12時間―1982・南の虹のルーシー
ロシニエールまで16時間―1983・アルプス物語 わたしのアンネット
ラッペンランタまで14時間―1984・牧場の少女カトリ〔ほか〕

著者等紹介

ちばかおり[チバカオリ]
福岡県柳川市生まれ。本の企画、デザイン、執筆に携わる傍ら、児童文学及び世界名作劇場を研究。日本ハイジ児童文学研究会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆか

57
プリンスエドワード島は、ずっと行きたいと願っている場所。あとは、ネロが見たかった大聖堂のルーベンスの絵がみたいです。ベルギーは、平野ばかりで画面に変化をつけたいがために、あえてアニメでは丘や森や風車を書いたとのこと。ペリーヌの紡績機械は、岡山県の倉紡記念館を取材。より詳しく知りたいなら、愛知県のトヨタ産業技術記念館がおすすめ。フローネのツリーハウスは、ニューカレドニアの巨木を参考にしたとのことでした(*^_^*)2016/04/07

はる

44
ラスカル、アン、フランダースにペリーヌ…。やはり初期の作品は好きなものばかりで見入ってしまいます。当時の制作スタッフは、実際に現地にロケハンを行って取材していました。そのためアニメに登場する建物の中には実在するものもたくさんあります。本書は作者が現地に行ってそれらを撮影したものがメインですが、それだけでなくアニメの制作スタッフの写した写真も掲載されているのが嬉しい。写真が小さいのと数が少ないのが残念!2016/03/19

寂しがり屋の狼さん

27
【図書館にて】『世界名作劇場』のなかで放映された「児童文学作品」全26作品。アニメ化する上で制作スタッフは実際に海外に行き舞台となる風景をスケッチや写真に納め物語の完成度をたかめた。当時のロケハンの歩んだ道を辿り物語の解説とあわせて綴られる写真は素敵なものばかりで懐かしい作品とともに世界旅行が出来ましたよ2019/05/18

はるき

24
 懐かしいなぁ。文字通り名作揃いなんですが、自分がリアルタイムで見た作品がやっぱり良い。テーマを決めて世界を巡る。なんて贅沢な!!2020/10/22

はるき

18
 厳しい現実を描くんですが、根底に人間に対する絶対的な信頼感があると思います。このシリーズを見て、ヨーロッパ(海外)へ憧れた子供は多いと思うな。2021/08/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9702274

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。