スペイン巡礼―緑の大地を歩く

個数:

スペイン巡礼―緑の大地を歩く

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月05日 05時21分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 264p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784774406787
  • NDC分類 196.8
  • Cコード C0026

内容説明

ピレネーの荘厳な夜明け、眼下にどこまでも続く緑の巡礼路。そして多くの巡礼達との出会い。千年以上の歴史を持つスペイン巡礼。思い立ってこれに挑んだシニア男性の一人旅。数々の失敗を重ねながらも、心を揺り動かす大自然とその中での数々の出会いとによって彼の心の「滓」は次第に癒されていく…。

目次

5月16日(水)いざ、成田出発
5月16日(水)パリ到着、巡礼仲間発見!
5月17日(木)パリからサン・ジャン・ピエ・ド・ポーへ巡礼の輪、さらに広がる。昔の「悪夢」蘇る?
5月18日(金)サン・ジャン・ピエ・ド・ポーからいざ、ピレネー山脈へ
5月19日(土)ピレネー山脈の大展望が眼前に が、思わぬ出来事が…
5月20日(日)右膝悪化、歩行を中断しタクシーでパンプローナへ
5月21日(月)パンプローナ滞在二日目「チャレンジ」と「思考」の一日
5月22日(火)パンプローナからプエンテ・ラ・レイナへ歩行再開の喜び
5月23日(水)プエンテ・ラ・レイナからエステージャへ温かいホスピタリティに感謝
5月24日(木)エステージャからロス・アルコスへ多くの人と接し、考える〔ほか〕

著者等紹介

渡辺孝[ワタナベタカシ]
1950年生まれ。1974年東京大学教養学部教養学科卒業(国際関係論専攻)。日本銀行に約25年勤務した後、地方国立大学教授を経て、2001年首都圏の私立大学教授。2009年同大学理事長。2016年理事長退任。その後、コンサルティング会社を設立。私立大学経営のサポートに当たっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件