植民地支配と教育学

個数:

植民地支配と教育学

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 359p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784774406640
  • NDC分類 371.5
  • Cコード C3037

内容説明

大東亜共栄圏期、教育学者たちを植民地主義へ導いた「躓きの石」は何だったのか。戦後においてなお検討されずにきたこの問題に切りこみ、思想的根拠を問う。

目次

第1部 教育学は植民地支配にどう関わったのか(大東亜教育論とは何か―アジア太平洋戦争下の教育学を考える;大東亜共栄圏と日本教育学;大東亜共栄圏と『興亜教育』 ほか)
第2部 植民地教育と私たちのいま―日本植民地教育史研究会とのかかわりから(日本植民地教育史研究の蓄積と課題;植民地支配責任は語られなかった―『新しい歴史教科書』批判;植民地教育支配と天皇制 ほか)
第3部 植民地教育史研究に学ぶ―書評より(佐藤由美著『植民地教育政策の研究(朝鮮・一九〇五‐一九一一)』
百瀬侑子著『知っておきたい戦争の歴史―日本占領下インドネシアの教育』
白取道博著『満蒙開拓青少年義勇軍史研究』 ほか)

著者等紹介

佐藤広美[サトウヒロミ]
1954年北海道夕張に生まれる。1988年東京都立大学大学院博士課程単位取得。現在、東京家政学院大学教授、博士(教育学)、日本植民地教育史研究会代表、教育科学研究会副委員長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。